CIANSUMI_2020SS

0

     

    長い長いトンネルの先が見えたのでしょうか

     

    元に(コロナ以前)戻るかな、というのは戻らない、と思っていて

    戻る、ではなく 共存していくための、また別の新しい道に続いていると思っています。

     

    この時にしか気付けなかったことがいっぱいあった気がして

    ふと立ち止まる良い機会としました。

     

    でも、やはりどこか季節が変わって着込んでいた上着を一枚脱いで身軽になるような、

    それくらいの開放感は味わいたい。

     

    そんなタイミングでCIANSUMIの新作が届きました。

     

     

     

    ミントグリーンのトリミングが少しノスタルジックな雰囲気のコットントートと

    ゴールドベージュのサテントート

     

    サテンのトートは今回入荷のスクエアのものと

    少し縦長でひょろりと長めのハンドルが絶妙のバランスのネオングリーンのもの

     

     

     

    モバイルケースにしてもいい

     

    夏に着けたくなるアンバーのバングル

     

     

     

    ヘルシーな少しくらい焼けた肌に似合いそうな組み合わせ

     

     

     

     

    どれも自由の象徴のような軽快な存在です

     

    本日、5/29  AM11:00 カートオープン致します


    Atelier Limーアトリエリムー「新緑の便」'20

    0

       

      曜日の感覚が曖昧な感じにも慣れてきた。

      夫がテレワークになり、息子も休校になり、私は週に数回の勤務日以外と近所への買い物以外はほぼ家から出ない。

       

      人との接触、9割は減らせているんじゃないかな。

       

      月に数本は映画、観れるかな、

      読みたかったあの本この本、気になっていたあの本も、と思ったけれど、なかなか思うような充実した時間には程遠い。

      (でもSTAY HOMEを口実に数冊本を購入。5月こそは!)

       

      手の込んだ料理が並ぶことも、素敵なデリバリーやテイクアウトもまだ利用しておらず、

      「今日は買い物には行かない!」と決めた日の朝昼晩の三食をいかにあるものでやりくりするかが結構やりがいがあったりする。

       

      家から出ない日はそんなにお腹も空かないので、これといったメインもなく、冷蔵庫にある野菜や乾物だけの名もないお惣菜が並ぶ。

      それもなかなか気に入っていて、

      残り野菜をかき揚げにしたものとお蕎麦、ひじき煮を混ぜ込んだご飯のおいなりさんとお味噌汁、とか。

       

      ひたすら千切りにした野菜のかき揚げ、あるものをくるっと春巻きにしたり、餃子を淡々と包んだり、

      タレや醬を作ったりと追われることなく台所に立つ時間はいい。

       

      三食三人で過ごす日は、朝から「お昼ご飯は?お夕飯は何?」と息子の質問に「ん〜ちょっと待って」と思う。

       

       

      中川たまさんによる [Atelier Lim] の季節の便。

      今回は、そんな毎日のお食事の一品になるような初めての「チヂミのセット」です!

       

       

      韓国料理のチヂミ。粉物は手軽で子供にも混ぜる、焼く、のお手伝いもお任せしやすい。

      冷蔵庫にある野菜ならなんでも!

      春キャベツや新玉ねぎ、旬のニラ、パクチーもおすすめ。

      それに卵。

      豚バラや海鮮チヂミもいいな。

       

       

       

      お買い物に行けない日でもささっと作れます。

      そして決め手はたまさん自家製玄米塩麹を使った絶品タレ。

      (今回はたまさんに教えていただいた作り方の手順や焼き方のコツなどのミニレシピもお付けします。)

       

      チヂミの美味しさって外のカリっ、と中のもっちり具合だと思うのですが、それって片栗粉のおかげ。

      カタクリは良質で消化が良いでんぷん質なので胃腸炎や滋養にも良いそう。

       

      家時間にも波があって、のんびりと穏やかに過ごせる日もあれば、「楽しもう」って無理じゃない?と押しつぶされそうな日も。

       

      それでもご飯を作って、美味しいね、って食べる時間でリセットされたりする。

       

      そして、今回はラベルが特別仕様で届きました。

      ラベルに一つ一つたまさんの手描きのハート!

       

       

       

       

      「母の日」が近いということもあると思うのだけれど、きっとそれだけじゃない。

      開梱した時の温かい気持ち、皆様にも是非お届けしたいです!

       

      5/5、午前9:00、カートオープンです。

       

       

       

       

       

       

       

       


      今、在ること

      0

         

         

        随分とこちらに文字を綴ることをお休みしていました。

        読む人はいるのかしら、、、と思いながらタイプしています。

         

        2020年になってすぐ、息子が10歳になりました。

        成長とともに働き方を考えていたのですが、ふ、と5年日記を始めることからスタートしました。

         

        実は数年前に10年日記を始めたのですが、その頃の私は悲しいことやつらいことがちょっと重なっていて、

        誰も見ない、掃き溜めのような日記帳は次第にジメッと湿っぽくなり(もし私がふといなくなった時に家族が見るかも、と思ったりもして)

        だんだん開くことも、毎年その気持ちに目が向いてしまうことも嫌になってしまい手が伸びなくなってしまいました。

         

        数年経って、また、日記を書こう、と思ったのも思いつきなのですが、

        子供が10歳になって、自分も親になって10年が経って、

        これからの5年、10年ってちょっと面白いのかも!と思えたからかもしれません。

         

        勉強がしたくなったり、

        新しい環境に身を置いてみたくなったり、

        今までが下に下にと根をはるような10年だったので、少しずつ空に向かって、幹や枝を伸ばしてみたくなりました。

         

        そのきっかけは幾つかあるのだけれど、

        ふ、とある方に「香り」と「記憶」を結びつけていただく機会があって。

         

        「そろそろ自分を慰めて、甘やかしてもいいのかも。」というような一言。

         

        選ぶ香りのどれもがそのような意味や効能を持つもので、私はそれらを本能的に必要としていたそう。

         

        もう、15年も前のこと。

        母が病になって、どうにか私にできることはないか、とアロマテラピーの勉強をしました。

        病室で焚こうかな、マッサージをしようかな、それにはどんな香りがいいのだろう、とただただそのことだけを目標に学んでいました。

         

        ちょうど、アロマオイルを選んでいる時に父から、電話がありました。

         

        必死で学んだ割には、その頃の記憶がごっそり抜けているような、閉じ込めているような、

        Jean-Pierre Raynaudという現代アーティスの作品の背景と重なるような思いでいました。

        (彼は父親を亡くし、庭師になりたかった夢を閉ざし、その象徴であるような植木鉢をセメントで埋める、という作品を多く創る。)

        https://www.fondationcartier.com/en/exhibitions/jean-pierre-raynaud

         

        何かを我慢しているわけでも、耐えているわけでも、自分に強いているわけでもないと思っていたのだけれど、

        初めてお話をするその人に、「もう、解放しましょう」と言われて涙が止まらなかった。

         

        と、ここまで↑は、2月の下旬に書いたもの。

         

        ここから↓4月に入って。

         

        そんな気持ちだった日からあっという間に世界中が新型コロナウイルス一色になりました。

         

        みんな、どうしてるかな。

        何年も前にお会いしたあの人は今、元気かな。

         

        逢えない分、思いが巡る日々。

         

        糸井重里さんが

         

        「コロナ軍は、人間に乗っかることでしか繁殖できない。ひとりひとりの人間は、敵であり獲物であり乗り物だ。

        結局、コロナのやつらは、人間に頼りっきりなのである。

        人間の身体が活発に動けば動くほど、

        人間の身体が集まれば集まるほど、

        そして、人間が身体的に交流すればするほど、コロナの戦いは易々と勝利していくというわけだ。

         

        「ぼくらが止まれば、ウイルスは止まる」

        そういう単純な法則で、今日から過ごすことにしよう。

         

        この言葉が誰の言葉よりも、わかりやすくて、自分のできる唯一のことだと思った。

        逢いたいけど、行きたいけど、、そういうのは先の楽しみにとっておく!

         

        「家時間を楽しもう」という言葉がすんなり入ってくる日もあれば、滅入る時もあるよな〜、という日も。

         

        産後鬱にどっぷりはまった時もそうだった。

        イライラしたり、楽しめない日や、できないことばかりの自分を責める沼にはまっていたっけ。

         

        週に何回かの出勤する日、(リモートはできないインフラ系の職種、最大限のリスク回避と徹底をしながら、勤務日を少し減らしました)

        お休みの日、晴れの日、雨の日、、、

        その日の波に身を任せながら、楽しめる日は楽しんで、どんよりな日もやり過ごしていきたいと思う。

         

        家にいながらにできること。

        家の時間を楽しむこと。

        自分で自分のご機嫌をとりながら、読めなかった本を読んだり、作ってみたかったレシピでお料理をしたり、小さな成長をしていきたいと思う。

         

        ちなみに、ほぼ毎日トランプや将棋をしている息子。プログラミングものめり込んでいる!

        将棋はいつの間にか夫よりも強くなっていて子供ってどんなときも楽しんで成長してるのね、と頼もしい。

         

        お日様に浴びることも個々の健康維持には大切だと思うので、人気のない時間の散歩だったりはするけれど

        出来ることはないか、というムズムズする衝動を収めながらも、限りなくミニマムな行動でやっていこうと思う。

         

        住む家を奪われてもいない、

        火も水も電気も使えて、いつも通りの生活があって、

        家族も元気(毎日のラジオ体操と検温がすっかり習慣になりました)。

         

        もう、ビフォアーコロナには戻れないから、

        今は個々で粛々と小さな暮らしと向き合う!

         

        今までがどんなにか豊かで自由であったかありがたく思う。

         

        私が家でできること。

        大好きなフランスのMerciのリネンの商品を仕入れました。

         

        リネンのエプロン。左から、

         

        ecume…泡、気泡などの意味でふわっとした軽いグリーン。
        新芽のみずみずしさや淡いミントティーのようなグリーンが爽やかで、いつもの準備も清々しく始められそう!

         

        gris glacier…古陶器のような真っ白ではないくすんだ柔らかなグレー。
        白ほど気負わず使いこむほどに味わいが出る一枚になりそう。

         

        rose argile…くすんだローズ。
        柔らかさもありながら土気を感じる穏やかな色。
        汚れも気にならず洋服ではなかなか手にしない色味かもしれませんが、ふっと明るい気持ちになる優しいカラーです。

         

         

         

         

         

         

         

        コットンテープの紐は素材の性質上、等間隔に小さなホール(穴)がありますがご了承ください。

         

        同色のテーブルナプキン。

        正方形なのでランチボックスを包んだり、手作りのジャムや焼き菓子を包んでギフトにも。

         

         

        ヴィンテージリネンを思わせる大好きなカラーはバッグもご用意。

        Merciのロゴは赤の刺繍。

        (買い占めは良くないけれど、外出回数を少なくするためにどうしてもいつもより少し多めに。)

         

         

        フランスがロックダウンした日にオーダーしました。

        時間をかけて届きました。

        気持ちが明るくなるようなカラーです。

        (ちなみにフランスの友人に送った彼女の好きであろう詰め合わせの小包は郵便局で止められている!荷物だけでも届けて!)

         

         

        医療現場の方々を救うために

        営業を、活動をぐっとこらえている方のために

        会いたい人にまた会えるためにできること!

        Stay Home!!

         

         

         

         

         


        December!!!

        0

           

          2019年の早かったこと!

           

          小さな雪玉が坂を転がるにつれて大きく、スピードを加速するように

          仕事も育児も TO DO が増えているような一年!

           

          でも、着地したら大好きなスノーマンになって笑ってるといいな。

          最後まで勢い良く転がっていく気の師走です。

           

           

          さて、knot から、ささやかではありますが下記、キャンペーンを致します!

           

          12/2〜12/10 期間中は10.000円以上のお買い物は送料のサービス、 12/2〜12/20 期間中はギフトラッピングをサービス致します。
          小さなクラッチ仕様のレザーポーチはナイロンショッパーとして!
          モダンでスマートなバッグはPB0110のもの。
          こちらは専用のボックスと付属の布袋と一緒にラッピングでお届け致します!
          CIANSUMIのアクセサリーのようなバッグやバングル。
          私はネイルはしないのですが、ネイルのような小さな面積だからこそ、ハッとした色使いや
          マット、シャイン、ラメ、クリア、、など色や質感も楽しんでいただくような
          ネオングリーンのトートや、シルクオーガンジーのミニトート、
          リブニットの上からキュッと留めるのも素敵なコットンバングルなど。
          いつものコーディネートにふと手にしたくなるような。
          このキャンペーンの機会にお買い物を楽しんでいただけましたら幸いです。

          Atelier Limーアトリエリムー「秋果の便」'19

          0

             

            秋が来ると、季節が巡ってきたな、と感じます。

             

            たまさんの美味しいもの、多くの人に楽しんでもらいたい。

             

            頑張っているお母さんや、仕事に励んでいる人、思うようにお買い物やお出かけができなくても

            「美味しいもの」が手元に届くことで気持ちがふわっと晴れる時がある。

             

            そんな思いでスタートした Atelier Limの「季節の便」

            2016年の秋からスタートしたので4回目の秋です。

             

             

            今回は

            「林檎とプルーンのジャム」

            「ライ麦とヘーゼルナッツのパンケーキミックス」

             

             

             

             

            パンケーキミックスはライ麦のほのかな酸味とヘーゼルナッツとアーモンドのリッチなコクでスペシャル感や秋冬を感じさせるパンケーキ!

             

            塩の効いたバターをのせるとワインにも合うそう!!

             

            北海道の余市のプルーンと長野の台風でも元気に実った林檎、ビネガーの酸味、ローズマリーの清涼感を合わせたすっきりとしたソースのようなジャム。

             

            ヨーグルトにのせたり、

            炭酸やワインに加えたり、

            豚肉のローストに添えたりしても美味しいです。

             

             

            今回からラベルがリニューアル。

            ロゴの向こうにもキラキラと美しいジャム!

             

            そしてそして!

            今回、7周年の御礼に、とノベルティとしてリクエストさせていただいた「チャイミックス」

             

            (1セットに1包、お付けします。またこちらのノベルティは他の商品のお買い上げのお客様にも1商品1包、ご用意してます。

            数には限りがございますのでなくなり次第終了とさせていただきますこと、ご了承くださいませ)

             

             

            オーガニックルイボスティにジンジャーとシナモンをミックス。

             

            ・一袋と水1/2カップとを鍋に入れ弱火にかけ、沸騰したら牛乳1/2カップを加えて一煮立ちさせたら出来上がり。

            豆乳は分離するかもしれないので牛乳がおすすめだそう。

             

            少し早起きをして今日も頑張ろうかな、という日に少し甘みを加えてふうふうとカフェオレボウルを包む一時は至福です。

            パンケーキミックス、ジャム、そしてチャイミックス。

             

            肌寒くなった今にぴったりの心温まるセット、発売は11/11(月)am9:00よりカートオープンです!

             

             


            | 1/68PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            282930    
            << June 2020 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM