continuer…/Bazzar 2018 summer

0

     

    梅雨明け、なかなかしないと早く明けて!と思うのに

    あまりにも早いと、もう!?と思ってしまう。。。

     

    すでに真夏日も観測され、暑く長い夏になりそう。

     

    バテないように、夏を楽しめたらと思います

    (産後、夏が昔より好きになった!、、というか鍛えられた気がしています)

     

    さて、今回の夏のBazzarは、未使用品のものと大好きで愛用したもの合わせて4点のご紹介です。

     

     

    まずは子供服。

    BONTONの定番のショートパンツ。

     

    さらりとした上質なチノ生地で、とても気持ち良さそう!

     

    男の子はもちろん、元気な女の子にも

    (6ans用ですが、もう少し小さなお子さんからも履いていただけます。そして息子は去年の夏、7歳時まで愛用)

     

    夏は素材がよくて気持ちよく洗えるものが一番。

     

     

    たくさん着ましたが、目立つ汚れもなく、シャツなどと合わると少しきちんとした印象にもなります。

     

    そしてこちらは数年前に大好きなJANTIQUESで購入した CAMBER のクロップドTシャツ。

     

     

     

    こちらは、「大人用」のサイズのスモール

     

    もともとゆったりめのルーズなビッグシルエットのTシャツを短めにカットしたデザインのもの。

    JANTIQUESの別注品です。

     

    大人の方がゆるっと着ていただくのももちろん、

    teens世代の女の子がデニムに合わせて着たら可愛い!と思い今回のBAZZARにご用意しました。

     

    他、2点はどちらもCARAMELのトートバッグ。

    こちらはモーブっぽい少しくすみのあるピンクのリネン。

     

    今は懐かしい、caramel baby&child のロゴ。

    かなりたっぷりとしたサイズなので、お子さんの荷物がまだ多い方や、

    レジャーや一泊旅行にもお使いいただけます!

     

    何度か使用し、お洗濯もし、リネンの風合いもいい感じです。

     

     

    こちらは2018SS、今季のホームコレクションの新作。

    オリジナルのマンダリンオレンジのチェックが夏の装いを元気にしてくれます。

     

    こちらは、いくつかCARAMELの商品で気になるファブリックやバッグのサイズ感などを見てみたくて

    UKサイトより購入したもの。

    未使用品です。

     

     

    どちらもお気に入りなのですが、最近の我が家のお出かけがアウトドア寄りなので

    バッグもハードな感じのものになってきて、、、

     

    柔らかな生地のリネンやガーゼっぽい感じの物の出番がなさそう;_;

     

    バッグ本体が柔らかく容量があり、そして少し気分が明るくなるようなアイテムなので

    小さなお子さまがいらっしゃる方に使っていただきたいな、、との思いです

     

    BAZZARは 7/2(月)正午(12:00)OPENです→

    すべての商品はクリックポストではなく佐川急便でのお届けになります。

     

    また、knotは一年を通してSALEは行いませんが、7/2〜7/9までの一週間、12.000円以上のお買い物のお客様への送料をサービスさせていただきます。

    夏を楽しむアイテム、この機会を是非ご利用ください。

     

     


    シルクの日常使い

    0

       

      ciansumiさんの秋冬の展示会に行ってきました。

       

      春夏に引き続き、シルクオーガンジートートの新色もお目見え

       

      新作を眼にすることはもちろん楽しいのだけれど、

      中村さん(ciansumiさん)ご自身が愛用されているオーガンジートートを見せていただいた時の「!」をお伝えしたい!

       

      手元に届いた時の真四角で佇まい良いトートももちろん可愛いのですが、

      使っていくほどに少し長方形になり、シルクも最初のテリみたいなものが和らぎ、しっとりとやわらかく、

      こなれていてとても素敵でした!(手洗いもできると聞いて、ますますシルクの日常使い、素敵だなと思いました)

       

      私もこの季節によく袖を通すシルクのブラウスがあるのですが、毎回クリーニングに出して「シルクです!」という感じで着るより、

      家で手洗いして、ノンアイロンで風で乾かした洗いざらしのシルクのブラウスが気に入っています。

      そして、スニーカーやこれからは素足にビーサン、秋口もメンズライクな革靴を合わせて着ます。

       

      若かりし頃、憧れに任せて買ったエルメスのスカーフも、あのテリとハリが自分には大げさに感じて思いきって洗濯をしました。

      何度も何度も洗濯をして、それでもやはりあの「エルメス感」が拭えなかった。

      エルメスなんてまだ早かった!とクローゼットにしまっていたけれど、時々、思い立ったように少しずつ水を通し、

      夏の冷房対策用にバッグにぐしゃっと忍ばせては使っていて、やっとほどよく落ち着いて肌に馴染んできたように思います。

       

      シルクに限らず、私は何でも日常使いをしたい。

      それは母が日々、言っていた、

      「特別な日のための「いいもの」じゃなくて、いつもの毎日にこそ「いいもの」を使ったらいいのよ」、みたいなこと。

       

      型崩れしちゃう、とかシルクだから、と特別扱いせず、

      日々のお出掛けに、日焼け止めクリームやリップなどを入れてプールや海遊び、公園に。

       

       

      今からどんどん使って育てていけば、秋冬になる頃には「自分のもの」になっているはず

       

       

      私は黄色のバッグをどんどん使って、秋冬のニットやトレンチ、

      ツイードのコートに合わせたい!

       

       

      ブルーもラヴェンダーも少し落ち着いた頃も素敵なはず。

      浴衣、着る機会が減ってしまったけれど、和の巾着じゃなくてこのバッグを合わせてみるのも素敵

       

       

      使うほどに愛着がわくもの

      その人に馴染んでいくもの

       

       

       

       

       


      テレビ、あれこれ

      0

         

        以前、朝ドラ(録画)を息子と毎日見ていると書いた

        それは息子が3年生になった今も続いています。

         

        「半分、青い」は「ひよっこ」に続いて母子ともにお気に入り、毎日を楽しみにしていて、

        一緒に笑ったり、ぐっと涙があふれることも。

         

        すずめちゃんと律くんが家から巣立ち、それぞれの恋が始まる様子は、まだ8歳の息子となら咳払いせずに見ていられる。

        (息子が、「半分、青い」で一「番可愛いのだーれ?」と私に聞くので、

        ん?息子のタイプはすずめちゃん?さやちゃんもかわいいね(性格は、、)もしかして菱本さん?と好みのタイプを想像していたら

        「ミレーヌ!」と言っているあたり、3年男子は幼い、、)

         

        産後、めっきりテレビを習慣的に見ることがなくなったけれど、ここ数年はとりあえず気になる番組は録画してストック。

        朝ドラと今季は大河ドラマも息子と一緒に。

         

        それ以外のドラマはあまりピンとこなくて、レギュラーで撮り続けているトーク番組をふとした隙間に見たりする。

        「Aスタジオ」「情熱大陸」「アナザースカイ」「僕らの時代」それに加えて最近は「7ルール」

        (ストックはたまる一方、、)

         

        先日見た飯島望未(バレエダンサー)の回がとても心に残っている。

         

         

         

        淡々と、飄々として見えるけれど それも自分の大切にすることがはっきりとわかっているから。

         

        彼女の言葉で「メンタルの無駄使い」という表現があった。

         

        親しくなりすぎることで、ある局面では悲しい気持ちや、なんで?という思いをしたことはきっと誰にもあって、

        そういった経験を経た彼女はカンパニー内で挨拶をする程度で仲間とあまり親しくなろうとしない、

        一匹狼、孤高のバレエダンサーのように見えた。

         

        それは人に冷たい、とか素っ気無い、とか付き合いにくいとか思われたりもするだろうけれど、

        私は彼女がとても魅力的に見えたし、共感できた。

         

        メンタル、使いすぎて疲れちゃってぐったりした時、この言葉を思い出すようになった)

         

        「事実は小説より奇なり」、、、ドラマも面白いけれど

        人の素の姿や言葉、人知れず努力している姿や、心持ち、大切にしていることを知るのは面白いし活力になる。

         

        みんな、つまづいて、失敗して、苦しんで、

        そしてそれはいつしか笑いながら話せるようになる。

         

         

         

         

         


        Color!!

        0

           

          ciansumi

          シルクオーガンジーのミニトート

           

           

           

          何かと手に取ってしまう色、ブルー

          エコバッグとの相性も◎

           

           

          グレーやベージュなどの中性的なコーディネートにしっくりくるグリーン

           

           

          デニムにビーサン、ベーシックなコーディネートを明るくしてくれるイエロー

          イエローはとにかく気分が上がります⤴︎

           

           

           

          モノトーンの装いにラヴェンダー

          メンズライクな革靴と合わせると甘さが抜けてシックな感じ

           

           

           

           

          どの色も持つ人の日々や気分を明るくしてくれるような色ばかり

           

          どの色にしようかな、、と楽しんでいただけると嬉しいです

           

          -----6/4〜6/10 Free Delivery days-----

          期間中は、12.000円以上(税込)のお買い物のお客様への送料をサービスさせていただきます。

          (代引きの場合は代引き手数料のみ頂戴いたします)

          システム上、ご注文時とそのあとに自動配信されるメールには送料が加算されていますが、

          金額等確認後、送料をサービスしたメールが届きますのでご安心ください。


          CIANSUMI_2018SS

          0

             

            今シーズンは色に溢れていたCIANSUMIのsmall show

             

            カラフルなシルクオーガンジーのトート、

            チープ(いい意味で)なカラービーズがちりばめられたバッグ、

            かと思いきやスワロフスキーを配したものもあったり、で「色」って愉しい!と思った時間でした

             

            16cm×16cmの小さなバッグは、手元や足元のネイルを選ぶような感覚で

            少し思い切ってもいいようなバランスとサイズ。

            (ネイル、私はもっぱら足のみ。

            すりガラスみたいに見える透け感の寒色系やヌーディーだけどメタリックなカラーが最近の気分です)

             

            knotではシルクオーガンジーのトート8色から

            グリーン、ラベンダー、イエロー、ブルーの4色を選びました

             

             

             

             

            ラベンダーとブルーは比較的どんな洋服にもあわせやすそうなカラー

             

            ラベンダーは4色の中でも一番繊細でやわらかな印象、

            ブルーはデニムを手に取るようにいつでも手が伸びそう。

             

             

             

            足元や手元のネイルにはポイントをおかずにバッグの色を楽しみたいグリーンとイエロー

             

            いつものシンプルなシャツにパンツもバッグの色を変えるだけで気分が明るくなるような、、

            展示会ではに二つ持ちを鏡で楽しまれていらっしゃる方も。

             

             

             

             

             

             

             

            16cm×16cm のサイズは長財布のサイズにもよりますが、私のお財布は少し出てしまいます

             

            素材の特性として荷物の重さや形によっては縦に伸びるので、使っていくほどにサイズも多少変化していきます

            (シルクオーガンジーの生地を編んでいます)

             

            私は、バッグとお財布の関係は、洋服と下着のような関係で、

            襟元から見える見えない、ラインが出る出ないを考えて下着を選ぶように

            バッグの形を考えてお財布も考えるようになりました。

             

            (実際は、こちらのトートだけで出かけるような気軽さがなかなかないので、エコバッグは必須、、

            お財布はそちらに入れることが多いです!)

             

            もちろん、いつものお財布をそのままラフにポンと入れるもよし、

            ミニウォレットに替えてバッグの軽快さを楽しむもよし

             

            洋服では手にしないような「色」を ぜひ、楽しんでみてください!

            CIANSUMI→⬜︎⬜︎⬜︎⬜︎

             

             


            << | 2/65PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << October 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM