Saul Leiter

0

     

     

    Saul Leiter、ソール・ライター

     

     

    久しぶりに駆け込んだ美容院で手にした雑誌の Snow という写真が目に留まった。

    へえ、Bunkamuraで写真展、してるんだ。行けるかな、、、と思いながら

    美容院を出てから、ソールライター、Bunkamura とメモをした。

     

     

    週の真ん中、月の真ん中の水曜日。

    思いがけず、ぽっかりと空白の1日だった。

     

    最近、仕事で手を酷使しているからか、右手の手湿疹がひどくなっていた。

    家にいると結局家事だ、料理だとあれこれしてしまうので、

    強制的に手を休ませよう!と都合のいい理由を見つけて写真展を見に行くことにした。

     

    ハーパーズバザーなどのファッション写真よりも、ずっと、日常の風景の写真が素敵だった。

     

    特に、ガラス越しの写真。

    足が止まる写真はどれもガラス越しの写真だったかもしれない。

     

    ガラスのこちら側とガラスと、その向こうの景色が曖昧に重なり合って、

    その少し遠慮がちな距離感の写真がとても好きだった。

     

    今年は小学校2年目ということもあって、PTAの係を一つ引き受けることにした。

    気が進む、進まない、ではなく、やはり6年間何もしないで、、というのはあまりにも気が引ける。

     

    児童数が少ない学校なので 一児童につき2回は役員を、、とのお知らせもあった。

     

    それにしてもPTAのお母さん方のおしゃべりの好きな事!

    すっかり場に飲まれてきたけれど、こういう方達がいてくれるから

    物事がスパスパと決まっていくのだな、とありがたかった。

     

    今年は絵本読みのボランティアと、PTA。

    平日のお休みはほぼそれに当てなくてはいけないけれど、そういう年もあっていいかな、と思っている。

     

    五月になるといつも思い出すイギリスの諺がある。

     

    March winds and April showers bring forth May flowers.

    三月の風と四月の雨が五月の花を咲かせる。

     

    四月の儚い桜も好きだけれど、

    五月の緑の豊かさや、花屋さんには並ばない野花の美しさや可憐さやたくましさがとても好き。

    (日本では、二月の雪と三月の風と四月の雨が五月の花を咲かせる、とも言われているみたい。日本らしい、耐える期間が長い!)

     

    ソール・ライターの好きな写真はどれも寒そうな雪景色か雨の日だった。

     

     

     

     

     

     

     

    こちらの映画もとても興味深い。

    また、いつかのおやすみの日の楽しみに。

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM