毎日、15分

0

     

     

    私の朝ドラデビューはつい最近で、「とと姉ちゃん」が初めての朝ドラでした。

     

    過去の話題のあまちゃん、も見ていなかったのでその頃「びっくらぽん〜」と言われて頭が???になったりもした。

     

    もちろん、オンタイムでそれらを見ることはできないので、

    録画をして夕方のふとした隙間に見ようとしたら、「僕も見る〜」となぜか息子も一緒に見るようになった。

     

    とと姉ちゃんの幼少期は、可愛い同世代の女の子たちが出ていたからか、息子も3姉妹の痛快さが面白かったらしく

    「とと姉ちゃん、いつ見る?」と私がうまく時間が取れなさそうな時も、ふと手を止める時間を息子が作ってくれていた。

     

    欠かすことなく全話を観て、次の「べっぴんさん」も一緒に全話観ました。

    そして、今回の「ひよっこ」。

     

    実はあまり楽しみな感じもしなくて、出演者に好きな役者さんの名前もあまり見つけられず、、、だったのだけれど、

    なんだか涙がしょっちゅう出ています。

     

    「こうやってお米を作ってくれている人がいるんだね」と息子に話しながら、

    黄金色の美しい田園風景に感動したり、

    家族も友達も先生も、思いあって、助け合って、励ましあっていて、泣けてきてしまう。

     

    主人公たちの若い巣立ちのシーンは涙が滝のように出た。

     

     

    本を作る人も(とと姉ちゃん)

    服を作る人も(べっぴんさん)

    パイオニアとされる主人公は、それはとても魅力的でとても面白かったのだけれど、

     

    さえなくて、特に欲もなくて、平凡な今を幸せって言ってるのは「つまんねえのかな?」って

    目の前のことをただやってるだけじゃ「いけねえのかな?」って思ってしまう主人公に

    自分が重なったりもして、「そんなことねえよ!」「がんばれ!」って 息子と茨城弁ごっこしながら泣いて笑って過ごす15分。

     

    親が子供を思うように、

    子供も目一杯親のことを思ってくれているんだなあ、と

    気付かされる15分でもある。

     

     

     

     

     

     


    コメント
    「ちりとてちん」

    おすすめです ^ ^ コメディ風でもあり、15分はあっという間にすぎてしまいます。

    ファッション,映画、絵画、様々なイベントがもりもりの都会。

    短期滞在では、意識して そちらは次回へ。

    いま 都心に行くのなら、
    歌舞伎、落語、相撲、叔父のいる神奈川、鎌倉に行きたいな。。
    しばらくさきになりそうですが、なるべくはやい時期に行きたいです。

    ちひろ
    • nounouque
    • 2017/05/04 1:05 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM