日々の価値

0



    こちらはフランス、パリ在住のクラフト工芸家、Antonis Cardewさんのアトリエ。






    この方の作品を実際手にしたことはまだないのですが、
    アントニスさんのこの一言。


    「家具や器を作ることも、家族のためにパンやタルトを焼くことも、すべてが一線上にある」


    必要な言葉は必要な時に誰かが届けてくれると思う。



    自分で出来ることを増やしていくことが今、とても楽しい。






    先日、なかしましほさんのシフォンケーキとteteriaの大西さんによる美味しい紅茶の淹れ方を学ぶ機会に恵まれた。


    なかしましほさんのシフォンケーキはレシピ本と相性が良いのか、
    なかなか美味しくできるのだけど(普通の主婦が家族のおやつに作るには安心で美味しい、というレベルです。誰かを唸らせたりする代物ではなくてね)

    時々、焼き縮みができたり、空洞ができたり。
    でも、まあ美味しいからいっか、とも思っていた。

    行きたいところ、学びたいこと、欲しいもの。
    挙げだしたらきりがないし、
    追いすぎても疲れてしまう。

    本当に必要な機会であれば、
    それは叶うと思っている。(かなわないものは必要でなかったり、背伸びだったり、ただの憧れでいいもの)

    目の前で行われるデモンストレーションは、まさに百聞は一見にしかず、で
    メレンゲのツヤ、とか
    ミルクティーの甘く優しい香り、とか。

    美味しいものを食べに行くこと < 美味しいものを学ぶこと
    ランチ一回  < 料理本

    こちらに今、価値を感じている。

    (実際、美味しいものを食べに行くと美味しいもの作りたい!とも思うのだけれど。)

    先日、用事があり鎌倉に行った。
    前だったら、「久しぶりに一人ランチしようかな」と思っていたけれど、
    朝市(レンバイ)に寄って、生産者さんのオススメの食べ方を聞いて家で食事が楽しい。

    それも、「さっと茹でるのが一番だね」とか「そのまま生でも美味しいよ」なんて、
    料理らしい料理でもないのだけれど本当にそれがとても美味しい!

    ベランダやキッチンの水耕栽培のハーブもあまりにも少しだけど、愛おしいほどに美味しい。
    クレソンもパセリもパクチーも喜ぶのは私だけだけど。


    そうして、今、いろんな価値をそぎ落として
    そこから見える物、その先に見えた物を、どうするか。


    ちょっとずつ視界が晴れてきた気がする今日この頃。
    新しい試みの種をそっとそっと育てている。




     

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM