break time

0


    朝の白湯にはじまり、一日何度もお湯を沸かす季節。

    一度お湯を湧かしたら、白湯のままか、紅茶をたっぷり淹れて魔法瓶に。


    珈琲には手が伸びず、日本茶・紅茶・ハーブティーが好き。
    アーユルヴェーダでは、身体のバランスをとる為に無意識に欲するものが嗜好品のそれらにも現れるそうで、

    身体を冷やすカフェインを含むものを好むタイプは
    頭も身体も火照っていてそれを鎮静させたくてカフェインをとります。

    ノンカフェインで身体を温める飲み物を好むタイプは
    冷えが強い。

    濃い紅茶がとっても美味しく感じる時は、頭にぎゅっと考え事が詰まっていたりするから、
    身体って自然とバランスをとろうとしているのだと感心…。

    カフェインそのものは悪者ではないのだけれど、

    ・空腹時に飲むと胃を荒らしてしまう。
    ・鉄分の吸収を妨げてしまうので貧血の原因となる。
    ・飲みすぎるとコレステロール値をあげてしまう。
    ・覚醒作用によって、眠りが浅くなる。

    などの作用があるので、特に寒い季節は身体を冷やさないノンカフェインの飲み物を。

    お気に入りでおすすめのノンカフェインの物をいくつか。
    そして、どれも飲みたい時にすぐに、の手軽なもの。


    上から
    ボッテガバーチ(有機穀物飲料)
    ライ麦や有機チコリ、有機イチジクなどを焙煎したもの。
    焙煎した香りが日本茶やハーブティーにはない感じで、珈琲風。
    豆乳をいれてカフェオレ風にしても美味しい。


    MARIAGE FRERES の[ROUGE BOURBON]
    バニラの香りのルイボスティー。
    甘い飲み物は苦手だけれど、甘い香りのものは寒い季節にほっとします。

    ルイボスティーの効能はいろいろあるみたいですが、
    効能目的に過剰に摂らない事に気をつけながら美味しく頂きたいです。
    (効能と副作用は嗜好品には両局面あると思います)










    美味しい紅茶の CLIPPER のカフェインレスのアッサムブレンド。

    ROUGE BOURBON 同様、息子とのおやつに豆乳を少し足してミルクティに。

    子供にはなるべくカフェインは避けたいので、安心してほっとできるものを。

    以前、お店で試飲してわ!っと感動した pierre marcolini のカカオティー。
    美味しいチョコのもとであるカカオの皮。

    チョコレートの甘い香りがします。

    なかなか外でゆっくりお茶が出来ないけれど、ちょっと特別な美味しいお茶で休憩を。

    明日はクリスマスイブ。

    サンタクロースにお手紙とミルクティとクッキーを。
    今年もサンタクロースのお役目、お疲れさまでした。








     

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM