ニュートラル

0

    三月

    新しく変化する季節の入り口。

    始まるための終わりやお別れのある季節は気持ちも少し不安定だけど、
    それを和らげる様に、花屋さんには明るい可憐な花が並び、

    お店には軽やかな素材の洋服が並ぶ。








    夫のシャツ選びに付合う日曜日。
    息子とあやとりをしながら、フィティングの横からぼんやり眺めた店内を照らす陽射しはすっかり春。

    シャツ一枚の季節はまだまだお預け。
    逸る気持ちをそっと抑えて、今の時期に重宝するもの…


    YURI PARKのニットを15%、カシミアマフラーを20%OFFとさせて頂きました。
    どちらもあと数点ずつとなりましたが、お迷いだった方はぜひ、この機会をご利用下さい。








    グレーのVネックのカシミアニットといえば、の J・バーキン。

    グレーのニット×デニム×白いスニーカー。









    グレーのニュートラルな感じが好き。
    セレクトする時にたくさんのイメージを集約するのですが、そのイメージの引き出しの中は見事にグレーだらけ…







    いつもなら、ネイビーや黒と合わせるところを、こんなホワイトのストライプとのボトムスも春らしくて良いかも…。

    厚手のニットからハイゲージのニットに、
    ぐるぐる巻きのウールのストールから、ほっそりとミニマムなカシミアマフラーにシフト。
    どちらも、とても重宝します。

    薄着で外出してしまったとき、バッグに一枚。
    一巻きしただけでも冷えから守ってくれます。


    初秋から晩秋、真冬、そしてシャツ一枚の季節まで。
    色、素材、ボリューム、コーディネートの多様性を考えて選んだ YURI PARKのニットとマフラーです。





     

    あたたかいもの

    0


      セレクトする時に一番大切にしていること

      「感動すること」

      かっこいい!や素敵!という直感的なものから手に取ったとしても、
      実用性や日常的に活躍するものがいい。
      使ってこそ その物の良さを実感すると思っています。


      昨年、ずっと憧れでもあったYURI PARKをセレクトしたのも、そのあたたかさ、に感動したから。


      YURI PARK の グレーのニット、クリームホワイトのマフラーとボーダーグローブ。

      極度の肩こり症の私を救ってくれたのは、カシミア100%のマフラー。

      大判のぐるぐるストールに匹敵する温かさなのに、見た目はとてもスマート。
      首も背も丸く縮こまりがちな姿勢をすっと正してくれます。

      あたたかさという安心感。
      ニットもユニフォーム化するほど着ていますが、このマフラーは冬のお守りみたい。

      首周りの「白」は顔色も明るく見せてくれるという嬉しいおまけ付き!

      YURI PARKの CREAM WHITE は、真っ白ではなく、でも生成りでもなく、とても暖かみのある、カシミアの「白」。






      WEB SHOPではなかなかサイズ感が掴めない、ということもありますが、

      YUR PARK のニットは身体のラインを強調しないストレートなシルエット、
      マフラーやグローブに関してはサイズの心配なく、ただただ感動するあたたかさをお届けします。

      これから寒さが深まりますが、あたたかさを味方につけて。

      diaryのカテゴリーに YURI PARK を加えました。カシミアのニットケアも記載しています。

      YURI PARK はこちらから→







       

      neck,wrist,ankle

      0


        寒いときは「三つの首、を温めてね」と母から教わった記憶。
        首、手首、足首のみっつの首

        なんとなく、おばあちゃんの知恵袋の様なうまい語呂合わせかな、と思っていたけれど
        どうやら、西洋医学、東洋医学 のどちらもその見解を持っていて

        その三つの首、は共通して皮膚が薄く、そこを温めることで同時に血液も温まり、
        温めた血液が巡り、体も温まるそうです。

        たくさん着込む事が苦手で、(昔から薄着でびっくりされることしばしば…)
        でも、それは意外とその3つの首を温めていたからかもしれません。







        YURI PARK のカシミヤマフラーはストールほど大げさにならず
        軽く、スマートに、でもしっかりと温かい。

        くるっと一重に長さを楽しんだり、
        寒いときは幾重に巻いて、それでもすっきりとした印象です。

        ボーダーグローブは手首のリブの長さがとても計算されていて、
        コートの袖口からの冷気を防いでくれます。それでいて、どこか大人の女性のシックさも。

        (ちなみに、手あれの酷い私のハンドケアのひとつに、出かける前、手袋をはめるまえのハンドクリーム。
        少ししっとりした状態で手袋をすると、なんとなくぐっと浸透しているような気持ちです。)

        そして、knot で YURI PARKをご紹介したい、と思ったきっかけがこの、カシミアのグローブ。
        「素敵」と思う瞬間をいつも共有出来る友達と、とあるお店で手にしました。

        「なんて温かくて、なんて幸せな気持ちなんだろう。」
        その気持ちを伝えたくてご用意させて頂きました。

        そして、先日、ニットをお届けしたお客様から、とても嬉しいメールを頂きました。






         
        この先ずっと大切に着ていきます。
        背中の翼の気配は、なんとなく背筋をピンとしないといけないような気にもさせられてお気に入りです。」

        この背中のYURI PARKのシンボル、[レ・アーリ]=天使の羽根は、小さな翼をかたどり、背中部分にループ状に編み込まれています。

        翼の気配…本当にそんな特別な気持ちになる一枚。
        きゅっと肩や首が縮んでしまいそうな寒い時だからこそ、首をすっと、背筋をピンと伸ばしたい。

        そして、三つ目の首は足首。
        寒い中、足首を出すのは本当にもう、無理です…

        足下から体は冷えてくるので、足下もしっかり温めてくださいね。


        寒い毎日をいつも頑張っているあなたへの贈物です。


         

        How to care

        0

          ニット が好き
          コットンもリネンも、もちろん好きだけれど、
          寒い日に暖かさを感じる物をふっと身に着ける時がとても好き

          洋服は「素材」を何よりも優先するかもしれない

          デザインが良くても素材表示ですっと手放す事も多い

          ヒートテック、極暖?という名の化繊のインナー
          とても暖かいと聴くけれど、どうも手が伸びない。

          きっとたくさんの方に支持されているので、良さもあるのだろうけれど
          もともと皮膚が弱い事もあるし、私はプチバトーのコットンのインナーが一番心地良くて、充分に暖かいと思う

          肌に直接触れる物

          天然の素材の物で皮膚は呼吸し機能すると思うし、
          機能するように敏感でいたい

          冬のお洒落の楽しみのニット。
          ニットのお手入れ、みなさんはどうされているのでしょうか。

          クリーニング?ホームケア?

          夏の衣類の様に洗濯機で はい、さっぱりとはいかないけれど
          実はそんなに難しい事ではなくて

          慣れてしまうと本当にすっきりと気持ち良くて、より一層愛着も湧きます

          私が過去に出逢った素敵な人は
          洋服をとても丁寧に大切に着ている人で、新しいものを着こなすというよりは、何年も大切にしていることがとても伝わる感じでした

          靴は丁寧に磨かれていて、とても清潔感があって、似合っていて素敵でした

          新しい物をいつも身につける事よりも
          好きな物をいつまでも大切に着る素敵さを教えてもらった気がします

          knot もそういうお店でありたいと思っていて、
          今回選んだYURI PARK の3つのアイテムがその象徴のようなもの

          カシミヤ100%のマフラーとグローブ
          ウール80%/カシミヤ20%のニット

          どちらもホームケアして頂けます(実証しました)

          YURI PARKさん、ご本人もホームケアをされていて、
          ホームケアし、新品とは違う 着慣れた馴染んだ感じが本当にかっこよくて!


          HOW TO CARE というタイトルで記事を書こうと思ってから、二種の洗剤と素材の相性を検証していました
          (WOOL 100%のニット・カシミア100%のニット・ウール80%/カシミヤ20%のニット)

          使用した洗剤は

          [ THE LAUNDRESS ] の WOOL&CASHMERE SHAMPOO cceder
          [ sonett ]の OLIVE LAUNDRY LIQUID FOR WOOL&SILK

          ,魯シミヤに使用。
          汚れを落としつつ、毛糸に含まれる天然成分を保護し、自然なつやと風合いを守ってくれます。香りは防虫効果があると言われるシダーの香り。
          私は合成洗剤の鼻にいつまでも残る香りがとても苦手で香りは天然のほのかに香る程度のものが好み。
          こちらのシダーもすっきりと清涼感のある軽い香りです。

          △魯Α璽襯縫奪箸了に使用。
          シルクやコットン、リネンにも対応していて、一本あるととても便利な一本。主要成分は有機栽培のオリーブ油石鹸で香りも有機ラベンダー。
          息子のFUBのニットはこちらが大活躍。

          どちらも手洗いをしても手あれする事なく、手にもニットにもとても優しい仕上がりです。


          ホームケアはいくつかの資料を読み、実際に一番仕上がりが良かった方法。
          ご参考のひとつになれば、と思います。(私は洗濯のプロではないので、あくまでもいち主婦としての記録です)

          1:まず、手洗いする前に目立った毛玉を取り除きます。
          2:表側にして30°以下のぬるま湯を溜め、洗剤を溶かし、その中で軽く押し洗いします。
          (30°は正確に計らなくても大丈夫で、人肌よりももっとぬるい感じ。熱により縮むので水に近い感じです)
          3:やさしくふわふわっとお湯(お水)の中で揺らぐ感じ。
          4:洗剤液を流し、新たに水を溜めます。泡を汚れを落とすときと同様に押し洗いしてすすぎます。
          5:肌に触れる部分もすっきり洗剤を流したいのでここで裏返します。
          6:裏側もしっかりすすぎます。
          7:軽くたたんで大きめの洗濯用ネットに入れ、1分脱水します。これでニットに負担なく水がしっかり切れます。
          8:洗濯干しになるべく平にしながら型を整えます。この時、私は袖がダランとなるのを避けたくて身頃の方に畳んで干します。
          9:室内の日当りの良い場所か、浴室乾燥では直接温風が当たらない場所で乾かします。
          10:乾くとタートル部分や袖・裾のリブがきゅっとしまって伸びた感じがリセットされます。
          11:スチームアイロンをかけます。しゅんしゅんとした蒸気をニットに直接当てない様にし、毛をふわりと立たせるようなイメージであてます。

          天然の素材=自然界のものなので、水ですっきりと洗い上げるととても気持ちが良いですし、
          何より、あたたかみが増す様な気持ちの仕上がりです。

          大切な一枚が、きっともっと愛着が増すと思います。


          お手入れも含めて、愛着がわくようなあたたかい knit-wear 、こちらにご用意しています→

           

          Choices

          0

            この一枚、にたどり着くまでに…







            choice 1; KIDS or YOU

            今年の秋冬、実は子供服はオーダーをしていません
            子供服をお探しのお客様には なーんだ、と背を向けられてしまうかもしれません

            KIDS と YOU、どちらもバランスよく出来たら、という理想はありますが、
            今年は YOU 、大人のためのもの、に絞りました

            choice 2; n100 or YURI PARK

            大人のニットをお取り扱いしたいと思い続けて…
            n100(エヌワンハンドレッド)と YURI PARK(ユリパーク)

            どちらかというと、n100がイメージ的には好みでした
            さっぱりしていて、カジュアル

            YURI PARK はどちらかというと、少し女性的な雰囲気

            でも、展示会で デザイナーご本人の YURI PARKさんにお逢いした第一印象は
            とってもかっこいい!のです

            もちろん、ご自身のニットをさらりと着ていたのですが、
            着心地の良さが、着ているYURIさんを見ているだけで伝わるのです

            YURIさんのニットに対する真摯な想いが
            静かに伝わり、着れば味わえる
            実はとても硬派なブランド

            この良さを、素敵さを、あたたかさを、お伝えしたいな、と思いました

            choice 3;ARTIGIANO or  CAPO COMPLETO

            YURI PARK には ふたつのコレクションがあります

            一貫した手作業の中で「手横編機」を用いて、ニットの過去から現在を語っていくARTIGIANO コレクションと、
            「ホールガーメント(無縫製衣)機」を用いて新しい時代のニットの可能性を表現してゆくCAPO COMPLETO コレクション

            ARTIGIANO はもちろん、とっても素敵なのですが knot でご紹介したいものは 日常的、であるもの
            特別な想いをもちながらも、
            気負わずに
            ユニフォームの様に毎日着たくなるもの

            それには、価格帯もとても重要な要素

            CAPO COMPLETOには、程よい抜け具合が感じられるし、ウールとカシミアのミックスだからこその
            カジュアルな雰囲気は とてもバランスが良いのです

            choice 4;BORDER or SOLID





            YURI PARK といえば、の代名詞的な ボーダーのニット
            でも、飽きのこないもの、これからの10年を考えると、やはり SOLID(無地)のグレーに

            …ボーダーはグローブでほんの少し

            choice 5; LOW or HIGH

            ここ数年、ローゲージのニットがトレンドとして多くみられます
            ハイゲージとどちらがいいだろう…

            大切に、飽きのこないもの、普遍的なもの、
            もっともスタンダードな一枚にしよう、とハイゲージ(15ゲージ)に決めました

            choice 6; WHITE , BLACK , NAVY or GRAY

            色は?
            白、黒、ネイビー、グレー
            どれもスタンダードなカラーですが、ニットの柔らかさが伝わるグレー
            これは比較的、すぐに決まりました

            すっきりとしたウールパンツに革靴を合わせればシックに
            デニムやカーゴパンツにスニーカーでリラックスした雰囲気に

            ニュートラルな懐の深いグレーです



            自信をもってお届けしたい一枚です



             

            from now, 10years

            0

              from now,10years  
              これからの10年
              一緒に冬を過ごしたいと思う3点を選びました

              こんなふうにリラックスしてしまうほどの着心地
              着る事で育っていくニット

              スエットっぽく見えるような杢グレーが理想で、それはウール×カシミアの素材のミックスで実現
              縫い目がなく、首から肩のラインがとてもきれい

              小さな翼をかたどったループ状の編み込み








              高級な物、が上質な物ではなく、
              満足度の高い物、がその人にとって 上質 なのだと思う


              クリームホワイトのマフラーと
              クリームホワイト×ネイビーのボーダーグローブ








              マフラーは一貫した職人による手作業の中から創りだされた artigiano(アルティジャーノ)コレクションより
              フリンジの装飾もなく、ストールほど大判ではないけれど 首に巻くだけで包まれるようなあたたかさ


              白いニット、に抵抗がある方にも 小物だと手にとりやすいのでは

              細く長めのリブが美しいボーダーグローブも


              白髪になって、
              ネイビーのコートにこのマフラーとボーダーグローブ
              想像するだけでも素敵


              誰かの
              これからの10年、になれたら…

              そんなにも嬉しい事はないかもしれない

              YURI PARK を含む knit-wear はこちらから→





               

              YURI PARK

              0

                CASHMERE(カシミヤ) のニット

                今はファストファッションブランドからもカシミヤ のニットを提案していて
                選択肢はとても幅広くなりました

                私は20代のころから
                「この洋服、10年着たい程好きかな」と買う時に自分に問いかけていました
                少し背伸びをする様なブランドのそれらは、10年後に馴染んで着ていたらかっこいいだろうな、と憧れも一緒に買っていた気がします

                おかげさまで、物持ちも良く
                本当にどれも10年選手、私の大切なワードローブで今も活躍中…

                ただ、やはり少し 似合う物が変わってきたり、
                その馴染んだ感じが、くたびれている様に見える物もあり、

                また、これからの10年を考える様になりました

                今よりももっと仕事をしていた結果を洋服やその他に費やす事が出来た頃と違って
                母親となってからは、なかなか、ね…

                カシミヤのニット
                私には少し ハードルの高いものでした
                (それは値段のハードルも含め)

                それでも、なんとなく欲しいものを何枚も買うよりも
                これ!と少し浮き足立ってしまうくらい好きなものを一枚買う事、それを大切に着る事の方が
                私にはしっくりくるな、という想いです




                YURI PARK のニットは 素材・カラー・ネックバリエーション・ソリッド(無地)・ボーダー…

                これ!!!!という一枚を決めるには
                あまりにも多すぎるラインナップではありましたが

                導かれる様に、選び抜いた(←大げさな様ですが、この気持ちは先日オーダーしたものがイタリアより届いた時に確信できました)
                ニット、グローブ、マフラー

                それぞれ、間もなくサイトにてご紹介させて頂きます

                それまではぜひこちらの YURI PARK をご覧下さい
                真摯な
                愛溢れるニットブランドです





                 

                | 1/1PAGES |

                calendar

                S M T W T F S
                   1234
                567891011
                12131415161718
                19202122232425
                2627282930  
                << November 2017 >>

                selected entries

                categories

                archives

                recent comment

                profile

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM