lilou de alouette × knot

0

     

     

    コートを着た時もバランス良く

     

     

     

     

    お子さんが持ってもかわいい

     

     

     

     

     

    おやつとか、木の実とか

     

     

     

     

     

    そのバッグ、いつかちょうだい、って言われそう

     

     

     

     

     

     

    lilou de alouette  ×  knot

     

    追記:ゆきこさんの想いでクリスマス前にお届けできることになりました

    クリスマスラッピングでお届けいたします!

     

     


    Small bag

    0

       

       

      私の中でちいさなバッグは自由の象徴、だったり

      アクセサリーの様に「印象」を添えるもの

       

      昔、山本耀司さんが「僕の創る洋服にはポケットが必ず付いているんだ。ポケットに入るだけの荷物で颯爽と歩いてほしい」

      そんなようなことを言っていて、手ぶらで出掛けていた時もあった

       

      子供がちいさなときは、子供のオムツに着替え、絵本に車のおもちゃ、お絵描きセット、、、

      あれやこれや、いろんな状況を想定し、それに対応するものを用意するのがお決まりだったけれど、

      ここ最近は自分のものは自分のリュックでね、とお願いしてからは一気に楽になった

       

      (夏休み、息子同伴で仕事に行っていた時のこと。息子のリュックがやたら重いので中を見てみたら、

      国語辞典に図鑑、なんと鉛筆削(ハンドルで回すやつ、、)が入っていました、、、)

       

      空気のような軽さと素材感のCIANSUMIのバッグもまさに自由そのもの

       

       

       

       

       

       

      とはいえ、、現実、には小さなバッグで事が足りるほど解放度はなく、

      帰りに食材買って、その前に図書館の本返しに行って、、と、TO DOを一つずつ組み込みながらの外出なので

      いつもエコバッグをプラスしています

       

      そして、本日も小さくて、少しノスタルジックな雰囲気の新しいバッグのご紹介です

       

      lilou de alouette

      リル ドゥ アルエット
      「 庭先に遊びにくるヒバリにリルという名前をつけた少女の日常 」

       

       

       

       

      リル ドゥ アルエットのゆきこさんはふたり姉妹のおかあさん

      周りを見ていても思うのですが、女の子のお母さんは「女の子」を喜ばせることがとても上手

       

      (そういう要素?体質?だから女の子のお母さんになっていて私はその要素が皆無なので、こうして男の子のお母さんをしているのだと思います)

       

      そんな対極のようなゆきこさんと一緒にバッグを創りました

       

      生地や形、イメージなどをリクエストし、

      その何倍もの可能性やアイデアをカタチにして頂きました

       

      言葉や写真、サンプルを何度も交わしながらできたものがこちらの「木の実の巾着バッグ」

       

       

       

      幾つかの可能性から多くの要素をそぎ落としてみたら、

      lilou de alouette の少女が時を経て、大人になった時に持つようなイメージのバッグになりました

       

       

      ウールのダブルガーゼの柔らかな生地にフランスとジャパンヴィンテージビーズを散りばめ、
      コンパクトですが、長財布と文庫とハンカチが入ります

       

       

       

      一つ一つ作って頂く中で、その人のこだわりや特別感をひっそりと込められるよう、
      裏地の色はモカとグリーンの二色からお選び頂けます。
      (モカの生地は限りがございますので定数になりましたら締め切りとさせていただきます)

       

       

       

       

      すっと手を入れた時に手触りや感触が良いように、とバックサテンの生地を提案していただいた時は

      対極ではあっても、大切にしているところや思いのようなものが近く感じられました

       

      散りばめられたフランスや日本のヴィンテージビーズは

      ゆきこさんが少しずつ、いつかのためにと大切に集められていたもの

       

      そして、バッグの底の仕上げの一手間がバッグをふわりとした印象に仕上げています
       

       

       

      一つ一つ、丁寧に仕上げてくださいます

       

      お手元に届く日を楽しみにお待ちいただければと思います

       

      受注期間は 11/15~11/25 の11日間

      lilou de alouette×knot [木の実の巾着バッグ] はこちらです→

       

      追記:クリスマスまでにお届けできることになりました!

      クリスマスラッピングでお届け致します

       

       

       

       


      | 1/1PAGES |

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM