そろそろ、、

0

     

     

    真夏日のような日があったかと思うと、

    急に朝晩冷え込んだり雨が続いたり、、

     

    冬物のしまい洗いをしてからも Meg knittingの靴下を何度か引っ張り出しています

     

     

     

    2017年にオーダーした靴下

    ルームソックスとして愛用しています

     

    とても暖かいので毎日履きたいところですが、手持ちは二足プラスレッグウォーマー

    どうしても洗う頻度が多くなってしまうので、もう一足あった方が一足一足の消耗率が下がるかも、と思っています

     

    が、すでにたくさんの方がお待ちで、

    製作される人はめぐみさんお一人、ということもあり

    自分のオーダーは現在自粛中

     

    この暖かさをご存じない方に、お届けしたいという思いです

     

    そして、すでにご愛用の方へ

    そろそろ、冬物をしまう前に、一度靴下のつま先、かかと、薄くなっていないでしょうか?

    歩き方の癖や、使用頻度で薄くなる場所やタイミングはまちまち

     

    私の場合、1年目はなんともありませんでした

    (2017年の3〜4月、2017年10〜12月 2018年1〜2月間よく履いて、よく洗ったので

    指の付け根辺りとかかとが薄くなっていました)

    3年間穴があかなかった人もいるそうです(使用頻度や状況によって、ですね)

     

    一足目の白は同色の白でお直しいただいたのですが、

    二足目のグレーは写真でお直しをお伝えしたかったので、少し目立つ色でお直しをしていただきました。

     

    こんな感じ!

    自分だけの靴下、という感じでますます愛着が湧きました。

     

     

     

    初回はお直しをお願いしましたが、次回からはダーニング、自分でやってみたいと目論見中!

     

    しまい洗いの時、是非、靴下の様子を見てみてくださいね。

    お直しやご相談は直接、Meg knitting のめぐみさんに

    ご相談、お直しの際の発送方法などメールでお問い合わせください。

     

    また、次の寒い日まで、、

     

     

     

     


    My socks 2018

    0

       

       

      おいしいもの、着心地の良いもの、使ってよかったもの、手にすると嬉しい気持ちになるもの

       

      手にとって感じていただけないWEB SHOPだからこそ、

      選ぶものは自分が「ああ、よかった」と実感できたもの

       

      Meg knitting もその一つ

       

      普段に履く「靴下」としてなかなかすぐには思い切れないお値段ですが

      家でいかに快適で暖かく過ごすか、くつろげるか、足入れをするたびにホッとすること、を分割してもらうと

      それはきっとすぐに納得していただけると思いました

       

      着心地の良いパジャマや、あたたかいブランケット、

      いい香りのするハンドクリーム、、

      誰に見せるものでもないけれど、自分で自分の機嫌を良くするためのもの

       

      ’My socks'はご自身のサイズで、ご自身の好きなカラーリングで

      めぐみさんが一足、一足丁寧に編んでくださいます

       

      私はシンプルに無地、か同色のライン入りしかオーダーをしたことがないのですが

      例えば、、

       

       

       

      こちらは→ ベース/ブラック ネイビーボーダー(ベースカラーがつま先、かかと、履き口のリブのカラーになります)

       

       

       

      こちらは→ベース/ベージュ(現在はお受付していないカラーです)つま先は赤、かかとはネイビーのアクセント

       

       

       

      ベース/ホワイト つま先とかかとに赤のアクセント

       

      つま先のアクセントカラーは赤鼻のトナカイみたい!

      次はつま先だけ赤にしてみるのもいいな、、と

       

       

      ベース/ホワイト つま先とかかとにブラックのアクセント

       

       

       

      ベース/ネイビー つま先とかかとにホワイトのアクセント

       

       

      こちらはお子さんへの贈り物

       

      ベース/ホワイトにブラックのボーダー つま先と履き口/赤のアクセント  かかと/ブラック

       

       

       

       

      アクセントカラーよりも控えめなラインもおすすめ

      同色でもさし色でも、ぽこぽことしていて表情が出ます

       

       

       

       

      そして、2018年のシーズンカラーは真ん中のロイヤルブルー

      (両端はレッグウォーマー、左からグレー・ロイヤルブルー・ネイビーです)

       

      あたたかい飲み物を片手に、あれこれスケッチながらゆっくり"My socks"を思い描いてみてください

       

      My socksのオーダーはこちらから→

      期間は2/1〜2/25(二月最終日曜日)まで お届けは今年の秋を予定しています

       

      大事なお知らせの一つ、原材料の高騰により昨年より500円値上がりしています

      これからウールがどんどん貴重になっていくそうで

      (値段をキープするために化繊の入った毛糸にするのではなく、本当のあたたかさや快適さを大切にされた決断です)

       

       

       


      My warmer

      0

         

         

        昨年、オーダーしたMeg knittingの靴下

        グレーとホワイト、フル回転で愛用しています

         

        足入れした時の暖かさはやはり特別

        (一度、湯たんぽを使ったら手放せないのと同じ感覚

        ちなみに息子は湯たんぽを「ゆたぽん」と呼んでいて、私もあえてなおしていない、、)

         

        二度の受注会、リピートしてくださった方、

        とても暖かくて、、とお母様やご友人への贈り物として選んでくださった方、

        (贈り手の温かさが伝わる贈り物だと思います)

        妊婦さんからのオーダーも頂戴しました

         

        そしてもう一つ気になっていたアイテム

        レッグウォーマー

         

         

         

        靴下は暖かいのだけれど、ニットの厚みで靴を選ぶし、

        名前の通り、靴の下に履くものとするとどうしても擦れてしまって

        「消耗品」のイメージが強く、、、

         

        私はこの値段の靴下を消耗品として履くことはできないので、

        家で履くための靴下、としています

         

        でも、レッグウォーマーなら、その消耗感はなく、

        マフラーや手袋のような感覚で、寒い時にさっとプラスできる

         

        1月になると、デニムが寒く感じるのですが、そんな時ももたつかないし

        (ちなみにストレッチ入りのスリムデニムは履かないので、多少のゆとりのあるストレートデニムです)

         

         

         

         

        ワイドなパンツやギャザーのロングスカートなどの時にもとても重宝

         

        Meg knittingのレッグウォーマーは、いわゆる「ほっこりなくしゅくしゅ感」もなく

        しっかりふくらはぎを包んで温めてくれます

         

        ふくらはぎの冷えは、腰痛、肩こり、むくみ、不眠、肌荒れ、、など

        女性が悩まされている多くの不調の原因

         

        でも、その「第二の心臓」とも呼ばれるふくらはぎを温めると

        体温が上がり→基礎代謝が上がる→血流が活発になり体内の老廃物や脂肪が排出されやすくなるそう

         

        私はタイツの一体感と締め付け感が少し苦手なので、

        要の「ふくらはぎ」を温めてくれるレッグウォーマーがとても重宝

         

        常に基礎代謝が上がっている状態だと、なんだかとても身体にも良さそう

         

        (レッグウォーマー、バレリーナやダンサーがつけているイメージだけれど、

        それも冷えから身体を守りつつ、効果的に基礎代謝を上げ、足のむくみを取り、美しい脚のラインを保つためなのかも)

         

        普段の装いにいつもの靴も履きたい

        冷えとりファッションみたいな見せる感じではなくて、

        でも、ちらっと見えても糸の質感と編み地が美しいのでスマートな印象です

         

        靴下とはまた違う温かさと良さを実感したので、

        こちらも "My warmer"としてオーダーをお受付することになりました

         

        私はボトムスと靴との相性を考えて主張のないネイビーをオーダー

         

        家での過ごし方を考えると、より温めてくれそうな赤、

        白などもリラックスできそう

         

        履き口のリブの色を変えたり、ボーダーにすることも可能です

         

        サイズはワンサイズ

         

        「締め付けず、ゆるすぎず」

        パターンにこだわりのあるめぐみさんの、ただ真っ直ぐのレッグウォーマーではない履き心地と

        温かさをぜひ試していただければと思います

         

        先日、風邪かな、、と関節痛と悪寒が走った時

        靴下とレッグウォーマーをダブルで着用

        ぞわぞわとする悪寒が少しおさまって、そのまま早めに眠りました

        いつも睡眠が浅めなのですが、深くぐっすり眠れて、翌日完治まではいかないものの、

        いつも通りに過ごすことができました

         

        本当に温めてくれるものは化繊の入っていないウール100%のもの

        温かさを感じる人ほど冷えているので

        冷えを感じていて、いつものスタイルに影響なくプラスできるMeg KNITTINGのレッグウォーマー、

        手放せなくなるアイテムです

         

        My warmerのオーダーはこちらから→

        期間は2/1〜2/25(二月最終日曜日)まで お届けは今年の秋を予定しています

         

         

         

         


        健やかでいること、くつろぐこと

        0

           

           

          先日、友人と「着心地の良いパジャマって欲しいものの一つなのになかなか選べないね、、」と話しました

           

          シルクにリネン、オーガニックコットン、素材もいろいろ

          インナーやルームウエアーは洋服とはまた違った視点で見てしまいます

           

          家での「くつろぎ」って大事だな、と最近増して、思うようになりました

           

          (40代になると話題は健康ネタで持ちきりだよ、とは聞いていたけれど

          私は30代からもうそちらに片足入っていて、メイク云々よりもスキンケアやインナーケアに興味があったかも→

           

          歳を重ねるごとに、お化粧やおしゃれが盛りがちになっていくのが私はどうも苦手で、

          極力シンプルで軽やかで健やかでいたいなあ、と思う

           

          健やかでいるために気にしていることの一つに、「冷やさない」というのがあって

          内側から(食べること)と外側から(身につけるもの)の両方が大事だなと思っています

           

          食べること、の中では小麦や白砂糖類をあまり摂らないようにしたり、

          (ストイックではないので、あまり、、、くらいでの意識。時々の頻度になってからは、パンも甘いものも一層美味しく感じるようになったかも

          身につけるもの、は自然の素材のものを選ぶようにしています

           

          もともと、冷え性なので冬は靴下なしでは眠れないのですが、(一時は足を折りたたんで、お尻の下に足を入れていないと眠れなかった、、)

          家ではシルクの五本指靴下+ウールの2枚の重ねばきがここ最近の冬の定番(5枚の冷えとりはさすがに私は続きませんでした)

           

          そして、昨年出会ったMeg knittingさんのウール靴下!

          これがとても暖かくて締め付け感もなく、重ねばきしなくても一枚で十分暖かくノンストレス(これがとても大事だと思う)

           

          靴下って、値段も素材もたくさんの選択肢があります

           

          主役ではないかもしれないけれど、靴と洋服をつなぐ大事な要素でもあるので、おろそかにはできない

          いろんなブランドの靴下があって、冬は特にウール、モヘア、アルパカ、カシミアと素材も豊富になります

           

          (私はMeg knittingの靴下はもっぱら部屋でのくつろぎ用だけれど、

          あ、お使いに!といったときにそのままビルケンを履いていく時の気抜け感も気に入っています)

           

          前回、[My socks!]としてweb受注会をさせていただいたのですが、

          寒さが本格化する前に第一回のオーダー分がお店に届きました!

           

          想像以上のオーダーを頂戴したのですが、

          こういうものを探していました!というお声がとても多かったのです

           

          靴下をサイズオーダーできる機会はなかなかありません

           

          なんとなくこんなものか、と疑問なく履いている靴下と違って、マイサイズのもののぴったりと吸い付くようなフィット感

           

          その暖かさはオリジナルのこだわりの細くてしなやかな上質のウールのオリジナル毛糸

          空気も含んで柔らかく、そしてとても丁寧に編まれています

           

          ベースカラーとラインカラー(ラインある、なしも)

          無地かストライプか、も選んでいただけます

           

          それぞれのサイズ感で編まれたそれらは、

          とても佇まいよく、そしてふわりと香ります

           

          (織物としては水通しは通常の過程だそうですが、編み物でのその一手間は珍しいそうで、
          その時の柔軟剤の香りです)
          ウールというとチクチクしない?と思うのですが、それが全くなく、
          重ね履き用ではなく、素足を素直に足入れしたくなる柔らかさと暖かさです!

           

           

           

           

          初回オーダーではホワイトとグレーが人気でしたが、

           

          白に白ライン

          白の無地

          白にネイビーライン

          グレーの無地

          グレーにホワイトライン

           

          などなど、きっとどれもがその人のこだわり

           

           

           

           

          ネイビーもとてもいい色だし、ホワイトとブラックのボーダーもとても可愛い

           

           

          そして、、、

           

          こちら↓が私物で、一年経ったもの

          (白に白ラインとグレーの無地)

           

          一足目に足入れをしてからすぐに、洗い替え用も!と追加でオーダーしました

           

          お手入れは、私は洗濯機を回しているちょっとの時間にささっとウール用の洗剤で軽く手洗いして、

          形を整えて干すだけ

           

          洗ったばかりの時は少しキュッと縮みますが、足入れをするとすぐに馴染んできます

           

           

           

           

           

          そして、かかとなど、薄くなってきたり、少し緩くなってきたな、と感じましたら

          初回のお直しはサービスでお承り致します(送料はお客様のご負担となります)

          ちなみに2年目の今年はまだ、それらは必要なさそうです

           

          私はお風呂上がりにこの暖かい靴下に足を入れます

          ほかほかと足湯をしているような暖かさが続きます

           

          そのあとの1日の終わりの家事や、

          息子の寝かしつけ、(冬は寝落ち率がかなり高くなります、、)

          読書やホームワークもひやっとすることなく、ずっと足はリラックスしてほぐれています

           

          お風呂に入った時のあのほぐれて安らぐ感じ

           

          めぐみさんと相談をしながら、3〜4か月ほどのお時間をいただきますが[My socks]のオーダーを再開致します

           

          繰り返しくる秋に、冬に、、、自分に、ご家族に(お母さまにプレゼントされる、というお客様がいらっしゃいました。

           

          還暦に赤い靴下のプレゼントもとってもチャーミングだと思います)

          お待ちいただく時間も楽しみにしていただきたい靴下です

           

          オーダーの詳細は商品ページよりご確認くださいませ→

           

           

           

           


          Meg KNITTING "my socks"_3

          0

             

             

            靴はサイズを選ぶのに、靴下のサイズはざっくり。

            22~24cmとか、特に意識せず、伸びるのでさほど窮屈な感じもしないのだけれど。

             

            でも、自分の足のサイズの靴下はとっても快適です。

             

            そして、ウールの靴下だと重ねばきの2枚目にしようかな、と思われる方も多いかもしれませんが、

            ぜひ、いつもの靴のサイズで。あえて大き目を選ばれなくても大丈夫です。

             

            Meg KNITTINGのめぐみさんの「ぜひ、素足に履いてみてくださいね」の一言にきっとなるほど、

            と思っていただけると思います。

             

            ちくちくしなくて、化繊のちょっとかゆくなる感じが全くありません。

             

             

             

             

             

            Meg KNITTINGで使用されている糸は、しなやかな一本の糸が何本かそのまま束になっています。

             

            ふわりと空気も編み込んで、靴下を、「履く」というよりも

            足がニットを着ているようなそんなあたたかさなのです。

             

             

             

             

             

             

            上から

            ネイビーにブラックライン

            ブラックにオフホワイトライン

            オフホワイトにイエローライン

            レッドにピンクライン

             

            ベースとラインを同色にすることも。

            つま先の部分のぽこぽことしたラインが特徴的です

             

             

             

             

             

            左からブラック、レッド、ネイビー、オフホワイト

            右の二色はシーズンカラーのライトグレーとイエロー(糸の都合でどちらもあと数足のオーダーとなります)

             

             

            イエローって見ていて気持ちが明るくなるな、と思って撮った一枚。

             

             

            私はこのMeg KNITTINGの靴下を履いた時、たくさんの大好きな友人の顔がうかびました。

             

            こっそり足のサイズを聞いて、彼女らしい色を思ってまた来る今年の冬の贈り物にしても。

             

             

             

            本当は、一番に思って欲しいのは今年の終わりの自分のための贈り物として。

             

            どんな素敵な洋服も、

            どんな風にメイクをしても、

            人を一番素敵に見せるのは健やかである状態だと思う。

             

            足元をあったかくしていると、顔色がホッと明るくなります。

             

             

             

             

             

             

             

             

            綻びも初回はサービスでお修理いただけて(往復の送料はお客様のご負担となります)

            ずっとずっと大切に履いていただける靴下。(ほころぶ前の薄くなってきたかな、という時期がお直しの目安だそうです)

             

            私はこんな風に綻びは自分でなおしてもいいかな,と思っています。

             

             

             

             

             

             

            Meg KNITTINGの受注会は2/20まで。

            自分だけの靴下、お届けはもうすぐ来る春が過ぎて、、夏が来て、その先の秋頃です。

             

             

             


            Meg KNITTING "my socks"_2

            0

               

               

              Meg KNITTINGの靴下、あまりにも暖かくて洗い替え用にもう一足

               

              2足目は2016年のシーズンカラーのライトグレーを無地で編んでいただきました。

              ミックス感のあるグレー。

              (ライトグレーは2016年のシーズンカラーなのですが、数足オーダーをしていただけることになりました。

              毛糸が残りわずかですので、なくなり次第ライトグレーのオーダーは締め切らせていただきます。)

               

               

               

               

              冷えとり、をしている方は靴のサイズはどうしているのだろう?

              ハーフサイズ?ワンサイズ?大きめの靴を冬用に用意しているのでしょうか。

               

              私は厚手の靴下の時はBIRKENSTOCK のチューリッヒやオーロラシューズを合わせます。

              スニーカーだとコンバースはきつくて履けなかったのですが、スタンスミスは幅広なので大丈夫でした。

               

              でもニットソックスならチューリッヒ。

              夏は素足で、 甲の部分のベルトをずらせば冬の厚手の靴下にも対応出来てチューリッヒは大好きな一足。

               

               

               

              こんなグレーのグラデーションもいい。(↓写真はチューリッヒではありませんが)

               

               

               

               

               

               

              家ではこんな風にくつろいで、でも、ちょっとお使いに!という時、

              あたたかい靴下を脱がなくても、そのまますっと履けるビルケンはあると便利な一足かも。

               

               

              Meg KNITTING、の受注会、"MY SOCKS" 

              ーーー自分のサイズ、自分の好きな色で選べる、あたたかいあたたかい特別な靴下。

              それぞれのカラーの特徴とイメージをお伝えします。

               

              オフホワイトにオフホワイトのライン。

               

               

               

              私は靴下は白、グレー、ブラックがほとんどで、差し色になるようなものは持っていません。

              特に好きなのはやはり、白。

               

              デニムに白靴下、黒のローファーは学生時代から代わり映えないといえばそうだけれど、

              清潔感があってやっぱり好き。

               

               

               

               

               

               

               

               

              グレー。ニュアンスのあるグレーはニュートラルな雰囲気に。

               

               

              黒の靴下はリブのすっきりしたものを履くことが多いのですが、ウールの黒も新鮮。

              デザイナーのめぐみさんのオススメは黒だと聞いて、黒もいいな、、と思っています。

               

               

               

               

              そしてMeg KNITTINGさんで一番オーダーが多いのはレッド。

              数年前にブームになってから赤靴下はもうスタンダードなアイテム。

               

               

               

               

               

               

              可愛いな、と思いながら私はまだトライしたことがありません。

              (赤のコンバースは履けるんだけど、、)

               

              でも、家の中で履いていたらちょっと嬉しくなるだろうな、と思う可愛さです。

               

               

              そして、とっても魅かれているのがこちらもシーズンカラーで限定数のイエロー。

              (ライトグレーにしょうかイエローにしようか迷って迷ってライトグレーにしたけれど、やっぱり可愛い!)

               

              少し濃淡のミックスのイエローはあたたかみがあって、赤ほどドッキリ主張しなくて、

              きっと履き古して毛玉ができたとしても愛おしく感じるような色です。

               

               

               

               

              そしてネイビー。

               

              黒に近い濃紺とインディゴっぽい少しブルーがかった色のミックス。

              このネイビーもとてもいい色で、万能選手かもしれません。(写真はオフホワイトのライン入り)

               

               

               

              私はオフホワイトにオフホワイトラインと

              ライトグレーの無地を編んでいただきました。

               

              単色でもラインを入れるとつま先部分にぽこぽことしたラインが編みこまれます。

              無地はその部分がフラットでよりシンプルな感じ。

               

               

               

               

               

              Meg KNITTINGの受注会は来週の20日まで→

               

              Lotfiの受注会は本日までです→

               

               

               

               


              Meg KNITTING "my socks"

              0

                 

                 

                私はきっと「もの」とその先の「人」に興味が強くあって、

                「もの」をきっかけに出会ったその先の「人」もやっぱりとても好きみたい。

                 

                美味しい、と思ったもの

                素敵、と思ったもの

                あたたかい、と思ったもの。

                 

                こうして巡り合った「もの」は「人」との出会いなんだと思う。

                 

                先日、ふと目に止まったあたたかそうな靴下。

                手編みでいて手編みのユルさや甘さはないスマートな靴下。

                 

                Meg KNITTING 。

                (写真もとても素敵なので是非、ご覧ください。私はこの写真からどうしても履いてみたい、という気持ちになりました。)

                 

                 

                 

                 

                 

                靴下、はどう?と見せるものではないけれど、色や素材、ボリュームなどでコーディネートの雰囲気が変わります。

                 

                数年前に冷えとりをしていたけれど、4枚、5枚も重ねていたのは最初の頃だけで今、重ね履きするのはお風呂上がりの2枚のみ。

                 

                お洗濯も靴下だらけになっちゃって、なんだかなあ、と思っていました。

                 

                Meg KNITTINGの手編み靴下の暖かさと心地よさ、快適さの秘密は毛織り物用の上質であたたかなこだわりの「糸」と、

                めぐみさんが試行錯誤して編み上げた「かたち」。

                 

                何枚も重ねるもたつきやボリューム感から解放されて、一枚だけでもふわりと包まれるような暖かさなのです。

                 

                お風呂上がりにすっと足を入れると、そのままずっと暖かさが持続します。

                履き口を締め付けるようなリブがないのにズリ落ちてきません。

                 

                 

                しなやかで上質な糸のウール100%の靴下は全く!!!チクチクしなくて感動するあたたかさです。

                 

                 

                 

                 

                今回のWEB受注会でオーダーできるのはこちらの4色、

                オフホワイト、ブラック、ネイビー、レッド。

                 

                 

                 

                 

                つまさきと履き口に写真のようにラインを入れることもできます。

                 

                バリエーションとしては

                ベースカラーの4色をそのままシンプルに無地にしたもの、と そのカラーでラインを入れるものと。

                 

                上の写真はネイビーベースにオフホワイトのライン入り。

                 

                 

                こちらはオフホワイトのベースにレッドのライン。

                 

                 

                 

                糸の都合にもよりますが、こんなボーダーも。

                 

                ご希望でしたら、その都度めぐみさんに糸の都合など確認させていただきます。

                (過去のシーズンカラーも糸のご用意があればオーダーできるかもしれませんのでご希望をお書き添えください。)

                 

                このような機会をいただいたので、なるべくじっくりじっくりどれにしようか、どんな組み合わせにしようか想像して、

                自分だけの靴下をオーダーしてみませんか。

                 

                ちなみに私のファーストMeg KNITTINGの靴下は、、、

                 

                 

                オフホワイトにオフホワイトのラインを入れてもらいました。

                 

                 

                 

                 

                 

                白い紙に、

                白の色鉛筆で線を引いたような感じ。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                自分の足のサイズに合わせて(0.5cm刻みでオーダー可能です)

                自分の好きな色と組み合わせで編んでもらえる特別感。

                 

                綻びも直していただけます。

                 

                本当に本当にあったかい。一足で何枚分もの暖かさ(でも快適さは重ねばきよりも数段いいです)

                 

                めぐみさんがコツコツコツコツ、丁寧に丁寧に編んでくださった時間を感じる暖かさをぜひ、皆様にも。

                 

                お渡しは今年の秋(11月ごろ)を予定しています。

                 

                 

                 

                 

                いつもの靴下が家のお風呂だとしたら、Meg KNITTINGの靴下は”温泉”のようなスペシャルなあたたかさ。

                 

                毎日の分を揃えるわけにはいかないのだけれど、ちょっと風邪をひいてしまったり、週末ゆっくりのんびりしたいな、という時。

                 

                ご褒美のようなあたたかさです。

                 

                Meg KNITTINGはこちらから→

                 

                 

                 

                 

                 


                | 1/1PAGES |

                calendar

                S M T W T F S
                     12
                3456789
                10111213141516
                17181920212223
                24252627282930
                << June 2018 >>

                selected entries

                categories

                archives

                recent comment

                profile

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM