Atelier Limーアトリエリムー「初夏の便」

0

     

     

    ここ数日、夏日のような日が続いています。

     

    早々に目に飛び込んできた青梅が嬉しくて梅の酵素シロップを仕込んだり、らっきょうを漬けたり。

     

    無心に梅のヘタを取ったり、らっきょうの薄皮をむいたりしている時間は疲れている時にこそむいていて、

    ひと仕事終えると充足感を感じるようになった。

    それはきっと、たまさんとの出会いがとても大きい。

     

    (愛書は何冊もありますが、中でも「暦の手仕事」は季節毎にページをめくっています)

     

     

     

    たまさんのつくるものはどれもしみじみと美味しくて、そしてとても優しい気持ちになります。

    その喜びのおすそ分けをしたくてこの「季節の便」をお届けしているのですが、そのお役目ができることに心底幸せを感じています。

     

     

    部屋中の窓を開けて風を取り込む、なんとも気持ちの良い季節に「初夏の便」が届きました!

     

    今回は

     

    北海道産の薄力粉に香り高いヘーゼルナッツパウダーとローストしたアーモンドパウダーのコクにほのかな酸味のライ麦を加えたリッチなパンケーキミックス

    「ライ麦とヘーゼルナッツのパンケーキミックス」
    ・爽やかな初夏を感じる「夏みかんとローズマリーのマーマレード」
    ・春と夏の間の果実の組み合わせ「苺とルバーブのジャム」

    の3点がセットになった「初夏の便」Aと

     

     

     

    ちょっとしたギフトや週末のお楽しみにストックしておきたい2点セットの「初夏の便」B

     

    ・「ライ麦とヘーゼルナッツのパンケーキミックス」
    ・「夏みかんとローズマリーのマーマレード」

     

     

     

     

    セットAは「夏みかんとローズマリーのマーマレード」と「苺とルバーブのジャム」が2種が楽しめるスペシャルなセット!

    Aセットだけのお楽しみの「苺とルバーブのジャム」
    たまさんのおすすめは、ヨーグルトに、ミルクで割ったり、スコーンに添えたり。
    苺の甘さにルバーブの酸味が加わって初夏らしいジャム。

     

     

     

     

    両セットにご用意した初夏を感じる「夏みかんとローズマリーのマーマレード」

     

    先日、五月の風の気持ちの良い日にたまさんのご自宅での料理教室は「マーマレードの会」でした。

    その時、マーマレードを炭酸水で割った一杯がウェルカムドリンクに。

     

    マーマレードをグラスにひとさじ。

    果肉を楽しみながら飲む一杯は清涼感もあってこれからの季節にぴったりの味わい方です。

     

     

    また、マーマレードは新玉ねぎとすこしのビネガーとあわせてベーコンやハムと一緒に食べるのもオススメです。

    (こちらも驚く美味しさです!)

     

     

    たまさんのパンケーキミックスのお気に入りの楽しみ方は、

    「シンプルにバターやメイプルシロップも美味しいですが

    朝食では、マーマレードやサラダと一緒に、おやつでは、バニラやチョコアイスや生クリームと一緒もおすすめです!」とのこと。
    「たまさんちのおおらかなおやつ」にも掲載で、先日の教室でも習ったのですが
    ジャムやマーマレードをマスカルポーネとあえてつくるフルーツジャムサンドがこれまた絶品です!
    (私は生クリームが苦手なのでフルーツサンドには手が伸びにくいのですがマスカルポーネとの相性は抜群。)

     

     

    今回は Atelier Limのオリジナルポスターでカジュアルにラッピング。

    さりげない贈り物としても。

     

     


     

     

    販売は5/27(月)AM9:00にカートオープンです。

     

    来週の週末の朝食やおやつにお届けできそうです!

     

     


    おいしい二冊

    0

       

       

      料理本を眺める時間がとても好き

      やっと仕事おさめをしたので(刷り上がりも遅かった年賀状を横目に、、小掃除の進みも今年は遅い、けど)

      ゆっくり本を眺めたい欲がふつふつと!

       

      最近は調理法などネットですぐ検索できたり、分かりやすい動画のアプリもあるようですが

      紙好き、本好き、なので 美味しそう〜とか作りたいな、食べたいな〜と思いを巡らす時間は最高の休息だったりします。

       

      手にしてからいくつか実際作ってみて、大活躍している

      中川たまさんによる

      デイリーストック」と

      「たまさんちのおおらかなおやつ」

       

       

      暮れの御節作りは母との記憶を辿る大切で大好きな時間。

      あれこれ御節の買い出しリストや予定をメモしながら、その隙間におやつも作りたい、コトコトジャムも作りたい!

       

       

      二冊の本はそんなゆっくりの冬休みにぴったり

       

      「デイリーストック」より

       

      ・キャベツの甘酒キムチ

      こちらは実際にたまさんのお教室で白菜で作ってからずっと何年も作っている一品。

      本になりこの美味しさが多くの人に伝わると思うと嬉しい!

      お好みの冬野菜に甘酒、コチュジャン、塩で作る優しいキムチ。箸が止まらない美味しさです!

       

      ・マスタード

      こちらもお教室で習ってから時折作る一品。ツンとしないマイルドなマスタード。

      プチプチした食感も楽しく美味しい。

      煮込み料理やグリルしたお野菜にからめるだけでグッと美味しさが増します。

       

      ・レンズ豆のピクルス

      戻す時間もいらないのでレンズ豆は常備しているのですが、大好きな赤たまねぎと作るシンプルなピクルス。

      冷蔵庫にあると、ちょっとした一品になります。

      ホクホクに茹でたジャガイモに和えたシンプルなポテトサラダは息子も大好き。

       

      ・スープの素

      動物性のコンソメキューブでの味付けが苦手でもう何年もベジフロス。

      ルーティンにすると楽チン、に共感。

       

      ・塩ひじき と 切り干し大根のはりはり漬け

      乾物の滋味深い味わいが大好き。ちょっと足りない時の一品にいつも嬉しい存在。

      塩ひじきは翌日のお弁当用に少し残して、炊きたてのご飯に混ぜてひじきご飯にするのも◎!

       

      ・チャイミックス

      寒くなると毎朝小鍋でミルクティかチャイを作ります。

      休みの日はミルクティ、仕事の日はチャイ。多分スパイスから元気をもらえる気がするから。

      好きな茶葉とシナモン、カルダモン、ジンジャーでチャイの素、を作っておく。

      自分のためだけに作るその一杯が毎朝美味しくてしあわせ。

       

      「たまさんちのおおらかなおやつ」より

       

      ・型なし薄切りリンゴパイ

      まさに「おおらかなおやつ」。型なしでラフに仕上げられるこのパイ、とっても美味しい!

      同じパイ生地でしょっぱい系のたまねぎとハーブのパイもとってもおいしい。

      のんびりの朝食やおやつにピッタリ。

       

      ・豆乳と全粒粉のざっくりスコーン

      材料をそろえるところからスタートしようとすると少し億劫になりがちな「おやつ作り」

      でもたまさんのレシピはあるもの、で作れることがとても多く、

      バターや生クリームがなくてもこんなに美味しいおやつが作れるのは嬉しい!

       

      ・グラノーラ

      何年も前にこちらのブログでたまさんのグラノーラのレシピの記事を書いたのですが、とっても簡単でとっても美味しい!

      寒くなるとやっぱりショコラが作りたくなります。

       

      年が明けると息子の誕生日。

      米粉とコーンミールのレモンケーキかにんじんとオレンジのケーキがとってもおいしそう。

      作ってみたいなあと思う時間もしあわせ

       

      年末年始、おおらかでおいしい時間がありますように:-9

       

       

       

       


      Atelier Limーアトリエリムー「秋果の便」

      0

         

        秋の果物

         

        葡萄、和梨、洋梨、柿、林檎、、、

        秋の果実は色合いや佇まいもこれから深まる秋の気配を運んできてくれます

         

        楽しみにお待ちの方も多い、中川たまさんの Atelier Limーアトリエリムーの季節の便

         

        今回は秋果の中でも少し特別な雰囲気を纏っている栗と無花果のジャムのセットです。

         

         

         

        ・栗とバニラのジャム

        全て均一にペーストにはせず、栗の食感を楽しんでいただける仕上がりです。
        今回は前回のシンプルな栗ジャムにバニラの香りが加わり、より深い味わいです。

         

        素朴なパンに塩気のあるバターと栗のジャムをラフにのせて。

        濃いめの紅茶やミルクティーと。

         


         

        ・ビオレソリエスのジャム

        聞きなれない名前ですが、国内ではまだ極限られた農園でしか栽培されていない為、
        「幻の黒いちじく」などとも呼ばれているそう。

        有機肥料で大切に育てられた希少なビオレソリエスを
        大きめにカットし、赤ワインを少し加えてコンポートのようなジャムに。

         

        チーズやお肉のソテーと一緒に食べたり、オリーブオイル、ビネガー、少しの塩、胡椒と混ぜてドレッシングにしても。

         

        秋そのもののなんとも言えない色合いです

         

         

        今回もたまさんがお一つずつオリジナルギフトボックス+ラッピングペーパーで
        ラッピングしてくださいました。

         

         

         

        お手元に届いた時、
        いつものテーブルにその小さな瓶がある景色、
        そして口に運んだ時、


        どの瞬間もきっととても特別に感じていただけると思います。

         


         

         

        販売は本日、11/1(木)お昼12時 サイトオープン致します。→Atelier Lim


        Atelier Limーアトリエリムー「花と果実の便」

        0

           

           

          March winds and April showers bring forth May flowers.

          三月の風と四月の雨が五月の花を咲かせる。

           

          毎年五月になると、ふと、上を向くように思い出すイギリスの諺。
           

          明るくて、緑が綺麗で、風が気持ちよい季節、

          新しい学年になり、新しいお友達の名前が聞けるようになりました。
           

          そんな清々しい五月の始まりにお届けするのは、Atelier Lim の「花と果実の便」

           

           

          花、は「桜のシロップ」

           

          儚いソメイヨシノからバトンを受けた八重桜

          (ソメイヨシノが可憐な少女なら、八重桜はその名の通り、いろいろを重ね重ねたたおやかな笑顔の柔らかい女性でしょうか、、?)

           

          桜のシロップは、小田原の八重桜をナイヤガラワインと湘南レモンでシロップにしたもの。
          炭酸で割ったり、ワインなどお酒に加えたり。ヨーグルトに、ブラマンジェのようなもののソースにしたりと
          いつものお好きなものにたらり、と添えてみてください。

          桜の花はその香りにとてもリラックス効果があるそうです。
           
          緊張しながらの新しい季節の始まり、少し疲れが出るころなので、
          眼で、香りで、深呼吸してゆっくりの時間を過ごしてくださいね。

           
          果実、は「苺とバルサミコのジャム」
          蜜蜂交配の有機栽培、完熟苺とオーガニックホワイトバルサミコ酢にローズマリーを加えた
          小粒のイチゴがそのままゴロッと感じられるデザートのようなジャムです。
          ローズマリーの香りとレモンの代わりに使ったバルサミコ酢がさっぱりとしていて、甘すぎない爽やかさがとても美味しい!

          五月、といえばゴールデンウィーク、こどもの日、母の日、、と賑やかな月。
           
          お仕事をされている方は、少しゆっくりできますように、、
           
          お子さんがいる方はなかなかなハードな日々になるかと思いますが、
          こどもの日を子供と一緒に過ごせる期間って、実はそんなに長くないのかも、と最近思い始めて
          今年もしっかりおやすみをいただいて一緒に楽しむ予定です!
           
          そして、母の日には自分を少し甘やかして、綺麗なもの、美味しいもので一息ついていただけますよう。
           
          入園、入学などの新生活を迎えた方へ、母の日の贈り物に、出産のお祝いに。
          眼に美しく、そして美味しい「花と果実の便」
          5/1(火)お昼の 12:00 に販売いたします→Atelier Lim

           
          今回もたまさんがお一つずつ Atelier Lim のオリジナルボックスにセットしリボンをかけてくださいました!
           

           


          Atelier Limーアトリエリムー「柑橘の便」

          0

             

            季節の食材を使った保存食をお届けするAtelier Lim の「季節の便」

            今年最初の便が届きました

             

            いつもは二種のセットのご用意ですが、今回は一種、三つの柑橘を楽しんでいただける

            「柑橘の便」です

             


            冬から春にかけて、金柑、柚子、みかん、レモン、文旦、八朔など、
            たくさんの柑橘類が並んでいる様子は、その姿や色、香りからも元気をもらいます

             

            レモン、すだち、かぼすに柚子、、食卓ではどんな時もふっと柑橘の香りを添えたくなります

             

            お届けする三種は

             

            右から、金柑とアールグレイのジャム、ハーブレモンソルト、レモンマスタード

             

             

             

            ・「金柑とアールグレイのジャム」

            ヨーグルトに、パンやパンケーキはもちろん、お肉に添えたりビネガーとオイルでドレッシングにしたり、、

             

            (先日出版された「季節の果実をめぐる114の愛で方、食べ方」にジャムやコンポート、フルーツソースのアレンジレシピがたくさん載っています。)

             

            ・「ハーブレモンソルト」

            オーガニックのハーブやレモンのドライに2種類の塩をブレンド。
            魚やお肉の下処理や、アクセントに。オリーブオイルと混ぜて野菜のソースなど。普段の一つまみのお塩の代わりに使うだけで、香りがぐっと豊かになります。
            (こちらでキャロットラペを作りました。香りも良く、レモンを切らしてる時に活躍しそうです)
            ・「レモンマスタード」
            自然栽培のレモンで作ったマーマレードとイエローマスタードと合わせて爽やかな調味料として。開封するとレモンの香りが広がります!
            お夕飯の一品、お肉のつけ合わせや、ポトフに添えたり、サンドイッチに挟んだり。
            マーマレードと合わせているので辛味もおだやかです。
            (このレモンマスタード、なくなってしまうのが惜しくなるほどおいしいです!)
            目にも美しい三種の黄色い小瓶が今回もオリジナルのボックスに入り、たまさんが一つずつ繊細なブルーのリボンをかけてくださいました。

             

             

            週末のゆっくりの朝食や、春の行楽のサンドイッチのお供に。
            素敵なボックスなので贈り物にも、、、販売は 3/5(月)朝9時です。→


             


            季節の果実をめぐる114の愛で方、食べ方

            0

               

              中川たまさんの新刊

              「季節の果実をめぐる114の愛で方、食べ方」

               

               

               

              本そのものが、果実の持っている瑞々しさ、豊かさみたいなものを含んでいて

              そこにあるだけで嬉しくなるような

               

               

              果物、そのままいただくのが何よりおいしいと思っていたけれど、

              ちょっと油を纏わせたり、火を加えたり、和えてみたり、、、作り方はとてもシンプル

              それでいて、新しい美味しさがたくさん詰まった一冊です

               

              本は春、のいちごから始まるのですが、p26「いちご、甘酒、餅の春巻」は是非作りたい一品

               

              たまさんのちょっとした甘いもの、はデザート、というより「お食後」といった感じで

              満たされたお腹にも優しい「あまいもの」

               

              季節の果物のジャムやソースを「おかず」と「おやつ」にアレンジできるレシピも嬉しい

               

              たまさんの本はどれも共通して、飾らないやわらかなことばと写真の美しさが溢れていて、

              作り方を教科書のように伝える「レシピ本」でもなく、、、

               

              何度も何度も手にして、

              作りたくなって、

              作ってみて、私にもできた!おいしい!と小躍りしたことが過去に何度もあります

               

               

               

              「暦の手仕事」「旬弁当」どちらもかなりくたびれてきました

              私は料理本は眺める本ではなく、台所でしっかり活躍してもらっています

               

              濡れたり汚れたり、なんか飛んでたりしますが、、、その姿が私は好きです

               

              そして。

              たまさんの料理教室にご縁あって通わせていただいて数年

              どうしてもこの「おいしい」をお届けしたいと思い、四季を感じる「季節の便」が叶いました

               

              次回の冬の便は啓蟄の頃(三月上旬)を予定しています

               

              今回も果実の恵みを楽しんでいただけるセットをご用意いたします

              どうぞお楽しみに

               

               

               

               


              Atelier Limーアトリエリムー「秋の便」'17

              0

                 

                 

                昨年の秋からご紹介させていただいている中川たまさんによる [Atelier Lim]

                季節が一巡し、今年も秋の美味しいものをお届けいたします

                 

                今回も2種のセットを作っていただきました

                 

                Aセットは「栗ジャム」と「プルーン・葡萄・カシスのジャム」

                 

                今回はAtelier Lim オリジナルのボックスにラッピングペーパーでラッピング(たまさんがおひとつづつ包んでくださいました!)したものを

                お届けします!

                 

                 

                 

                 

                秋の深い色合い

                 

                 

                 

                 

                 

                「栗ジャム」は 粒々とした食感も楽しめるホッとするやさしい甘さ

                 

                パンに塗ってお楽しみいただくのはもちろん、温めたミルクにジャムを加えてマロンラテに、という楽しみ方も!

                 

                「プルーン・葡萄・カシスのジャム」はヨーグルトに、

                マスタードと合わせてお肉料理のソースとしても!

                 

                 

                たまさんは、セットの2種のジャムを一緒に合わせて頂くのもおすすめとのこと。

                栗と果実が合わさった美味しさ、ぜひ試していただきたいです!

                 

                Bセットは「紅玉とローズマリーのジャム」と「パンケーキミックス」

                昨年の秋の便でとてもご好評だった、パンケーキミックスと紅玉のジャムのセットです

                 

                紅玉のジャムはとろとろの少し柔らかめなので、ソースのように食べていただけます

                豚肉のローストなどにも合います

                 

                 

                パンケーキが甘すぎないので、ベーコンやソーセージを添えて、紅玉ジャムをソースのようにひとさじ
                ゆっくりの週末のブランチに
                外食での気分転換の機会があまりとれなくなったけれど、
                一回のランチ代!と思って料理本を買ってはアイデアや美味しさを発見したり、
                誰かの作ってくれた美味しいものを食卓に添えることでいつもの日常も豊かになる。
                そして、今回はAセット・Bセットの両セットをご注文の先着5名様に、
                Atelier Limオリジナルのhaseさんデザインのポスターをプレゼント致します。
                キッチンにラフにピンで留めたい素敵なデザインです!
                (全容はお届けまでのお楽しみにしたいと思います)
                販売は11/8(水)の朝9時です→

                Atelier Limーアトリエリムー「夏の便」

                0

                   

                  残暑お見舞い申し上げます。

                   

                  今夏はずっと亜熱帯のような湿度を纏った日々が続いていて、うっすら肌寒い朝や、

                  こもったような蒸し暑い日もあって、カラッとした夏空をあまり仰いでいない気がします。

                   

                  (今年、初めて梅干し作りに挑戦したので、雲がなかなか晴れないことがより一層もどかしく感じています)

                   

                  さて、暦は立秋を迎えましたが、Atelier Limの「夏の便」お届けの準備が間もなく整います。

                   

                  幾度となく手にしている中川たまさんの「暦の手仕事」

                   

                  今の季節を楽しみ、次の季節が待ち遠しくなるような季節を慈しむ保存食の数々。

                  難しいあれこれや決まりごとの押し付けがなく、こんな私でも「できるかも」「やってみたい!」

                  と思わせてくれて本当にたくさんのレシピを実践しました。

                   

                   

                   

                   

                   

                  昨年の秋から「季節の便」としてスタートして冬、春、夏と季節が一巡します。

                  夏の始まりに初夏、盛夏の項を眺めながら「暑気払い」になるようなメニューをリクエスト、「夏の便」の5品を作っていただきました。

                   

                  セットAは旬の果実の「桃とバジルのジャム」と夏の食卓に重宝する絶品「トマト醤」のセット。

                   

                   

                  たまさんの保存食はいつも手にした時から目で楽しめるのですが、

                  この「桃とバジルのジャム」の綺麗なこと!

                  果実に火を通すと、どうしても煮詰まった色になってしまうのにどうしてこんなに綺麗なんだろう、と思います。

                   

                  そして桃の甘い香りの向こうに爽やかなバジルの香りがして、瑞々しい桃の果肉を塗る、というより乗っける感じで頬張りたい:-9

                   

                  そのままシンプルにトーストやヨーグルトに、たまさんからの美味しいヒントはハムのサンドイッチ。

                  想像してみるだけでも食欲、回復してきそうです!

                   

                  セットのもう一つ「トマト醬」。

                  私はこちらを本を見ながら作ったのですがとても美味しくて、そしてとても重宝します。

                   

                  生野菜につけて、麺とあえたり、エビチリのような炒め物に、目玉焼きにつけるのも。

                  食欲のない夏の日の食卓、酸味と辛味でぐんと美味しく元気になる一品に!

                   

                  つい先日の昼食→冷たいお米うどんに納豆、刻んだ大葉、そこにトマト醬をひとさじ。

                  手抜きご飯もぐっと美味しくなりました。

                   

                  セットBは夏の果実のセット。
                  「プラムジャム」と二種のシロップ「レモンとミントのシロップ」か「ブルーベリーのサワーシロップ」どちらかをお選び頂けます。

                   

                   

                  真紅のプラムジャムはトーストにはもちろん、炭酸割り、お肉のソースにしても。
                  そしてたまさんオススメの絶品レシピのフルーツサンドイッチ。

                   

                   

                   

                  水切りヨーグルトにマスカルポーネを混ぜたもの、ジャム、白桃をのせて、、、

                  生クリームのフルーツサンドイッチよりもさっぱりと軽くて夏にぴったりの一品です。

                   

                   

                  セットのシロップの一つ、「レモンとミントのシロップ」は生と乾燥のミントから抽出したシロップとレモンのハニーシロップをブレンド。

                   

                   

                   

                   

                  炭酸割りや、ワインやビールに加えても。
                  『暦の手仕事』に掲載のレシピを真似て、かき氷のシロップにも。

                   

                  ミントの香りがたまらなくすっきりとしてとっても美味しい。

                   

                   

                   

                  もう一つは、お料理にも使えるフルーツ酢の「ブルーベリーのサワーシロップ」

                  お酢は疲労回復にもとっても良く、炭酸割りは勿論、豆乳や、牛乳で割るとブルーベリーラッシーのようで夏の栄養ドリンクに。

                  豚肉の煮込みに加えるのもお肉が柔らかくなっておすすめです。

                   

                   

                   

                  5種の瓶、夏の美味しさが美しいグラデーションになっていた。

                   

                  左より、「レモンとミントのシロップ」「桃とバジルのジャム」「トマト醤」「プラムジャム」「ブルーベリーのサワーシロップ」

                   

                  帰省中の方はいつもより大勢で囲む食卓に、

                  夏休み折り返し、少しバテ気味の方には美味しいひとさじで元気になっていただければ嬉しいです。

                   

                  販売は 8/13(日)朝9時です。→

                   

                  ーーーーーーご購入に際してのお願いーーーーーーーーーー

                   

                  ・賞味期限や商品の性質上、代引きでのお届けとなります。

                  ・少しでも多くの方にとの思いです。お一人様一種のセット、お二つまでとさせて頂いています。

                  ・複数点お買い物の際は、一つのお箱におまとめしてのお届けになります。1セット毎のお箱入り(ギフトなど)をご希望の際はお書き添えください。

                  例)Aセットは自宅用、Bセットはギフト用、など。

                   

                   


                  Atelier Limーアトリエリムー「春の便」2

                  0

                     

                     

                    新入学、新学期、新生活、、、

                    春は新しくなるチャンス。

                     

                    大人になると「新しくなる」機会が曖昧になってくるけれど、

                    子供が運んで来てくれる「新しい風」に背中を押される季節です。

                    (卒園と入学を迎えた昨年の春に比べると、今年はのんきな春です。)

                     

                    「新しくなる」はすごく大きな目標や変化ではなくて、気持ちの持ち方や日々の些細な習慣とか。

                     

                    私はいつもは手にしない作家さんの本を読むことと、

                    ウォーキングの時間をもう少し増やすこと。(続けることで新しい変化にもつながると思うから)

                     

                    さて、「春」は冬に溜めてしまった不要なものを排出する季節とも言われていて、
                    少し苦味のある葉野菜やハーブ、薬草、野草に自然と手が伸びます。(春菊や菜の花、クレソンを青虫のようにムシャムシャと食べています)

                     

                    毎回、「暦の手仕事」を眺めながらテーマのようなものを考え、たまさんに季節の便のメニューをご相談させて頂いていて、

                    今回は「春の目覚め」をイメージして2種の「春の便」をご用意しました。

                     

                    「春の便」Aは、冬に溜めていた毒素の排出をお手伝いする様な春野菜やハーブを使ったセットです。

                     

                     

                    すっきりとしたミントとレモングラスの香り、ハイビスカスの綺麗な紅色、

                    春の少しザワザワとした気持ちを落ち着かせてくれる、「リラックスミントティ」。

                     

                     

                     

                    ティースプーン一杯で私はマグカップ2杯、たっぷり楽しみました。

                     

                    一杯目はミントの香りがしっかり。色もハイビスカスの紅色が綺麗です。

                    二杯目はレモングラスのすっきり感が感じられて、爽快感があります。

                     

                    消化器系や気管支系に効果を発揮するミントやレモングラスはこの時期にぴったりです。

                     

                    今回はたっぷり楽しんでいただきたくて缶入りでご用意していただきました。
                    (空いたお茶缶はキャンプやピクニック、ご旅行時にお好きなティバッグを入れてご使用いただけます。)

                     

                     



                    Aセットのもう一つは、オーガニックのエキストラヴァージンオリーブオイルに

                    ほろ苦い香りの蕗の薹、鎌倉の無農薬レモン、ニンニク、鷹の爪、塩を加えた「蕗の薹オイル」

                     

                     

                     

                    シンプルにトーストしたパンに、蒸したお野菜や生野菜に。

                    ショートパスタにからめて。

                     

                     

                     

                     

                    春の芽吹きそのもの。

                     

                    「春の便」Bは 春の光とみずみずしさを閉じ込めた季節のジャム二種のセット です。

                     

                    野性味あふれるこだわりのいちごで作られた「苺とバルサミコ酢、ローズマリーのジャム」と
                    無農薬の小田原のはるかと檸檬、蜂蜜のすっきりとした甘味の「はるか、レモン、蜂蜜、ローリエのマーマレード」


                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    ※写真は「暦の手仕事」より

                    小粒の完熟苺をホワイトバルサミコ酢とローズマリーで。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    たまさんのジャム作りの原点でもあるとびきりの苺ジャムです。

                     

                    もう一つは無農薬のはるかと檸檬、二種の柑橘を蜂蜜とローリエのマーマレード。

                    パンやヨーグルトはもちろん、ローストしたお肉とオリーブオイルと混ぜてドレッシングなどにも。

                     

                    以前、大好きな  ON THE DISH さんで柑橘のジャムを購入した時に
                    「ジャムがもうなくなる頃に、オリーブオイルを瓶に入れて振ってドレッシングにしてみてください」、と教えていただいてから、
                    柑橘のジャムの最後のひとさじのお楽しみはオリーブオイルを入れてドレッシングにするようになりました。
                    ぜひ、こちらのマーマレードも瓶の隅の果実と果汁を最後までお楽しみください。

                    たまさんのジャムは砂糖の甘さではなく、果実の甘み。

                    みずみずしい、という表現が一番しっくりくる気がします。

                     

                     

                    春分の日を境に、身体もいよいよ目覚めてきます。

                    春の目覚めの「春の便」、3/20 春分の日の朝9時より販売です。

                     

                    ーーーーーーご購入に際してのお願いーーーーーーーーーー

                     

                    ※ 賞味期限や商品の性質上、代引きでのお届けとさせて頂いています。

                    お届けのご希望日がございましたらご注文日翌日から4日目以降をご指定くださいませ。
                    例:月曜日ご注文→金曜日のご指定が可能です。
                    ご指定のない場合はご注文順に最短日でお届けいたします。
                    (配送しましたら伝票番号をメールでお知らせいたしますので、後からご希望日時を設定していただけます)

                     

                    ※たくさんのご用意ではないため、お一人様一種のセット、お二つまでとさせていただきます。


                    また、複数点お買い物の際は、一つのお箱におまとめしてのお届けになります。
                    1セット毎のお箱入り(ギフトなど)をご希望の際はお書き添えください。

                     


                    春の匂い

                    0

                       

                       

                      少しずつ日が長くなって、

                      穏やかな陽射や強い風にも春を感じます。

                       

                      蠢めく(うごめく)という字の通り、地面の下からザワザワモゾモゾと見えない何かが溢れ出してきそうな気配。

                       

                      もう、1年が経つのだなあ、という気持ち。

                      季節が巡って、悲しみの形も少しずつ色や湿度を変えてからだの一部になってきました。

                       

                      息子は、春から2年生。

                      幼稚園では男の子で前から2番目だったけれど、シュッと背が伸びてきて、

                      ランドセルに足が生えていたような感じが、ちゃんと人がランドセルを背負っている後ろ姿になりました。

                       

                      不意に「さんすうが楽しい!くもんにいきたいもん!」と目をキラキラさせて言う姿に

                      そういえば、私も2年生から公文に通っていたなあ、と思い、ひとまず体験学習に。

                       

                      解ける、解ける、というハードルをピョンピョン飛んでいくあのリズム。

                      そういうことって純粋に楽しいんだね、と気付かされ、

                      週に2回の公文タイムと毎日の宿題が新しく彼の生活に組み込まれました。

                       

                      新しいことってワクワクするね、と思いながらスーパーで目に止まった蕗の薹。

                       

                      昔、天ぷらやお味噌汁で食卓に並んでいた時はあまり箸が進まなかったけれど、もう直ぐ届くAtelier LIM

                      「ふきのとうオイル」を想像したり、にある「ふきのとう味噌」が気になって、作ってみたくなった。

                       

                      無農薬の不揃いなふきのとうは少し懐かしい香り。

                      昔、祖母の家でつくしを採った時の春の土の匂い。

                       

                      茹でている時の立ち込める春の香り、刻みながら少し口に運んでそのままの味を確認。

                       

                      レシピ通りに作ってみたら、、、

                      なんとも美味しい「ふきのとう味噌」ができました!

                       

                      これは夫や息子は喜ばないかもしれないけれど、

                      自分だけのために、こうやって楽しみを作るのも悪くないな、と思った。

                       

                      (ちなみに、小さな時に苦手だった食べ物が美味しく感じるようになるのって、

                      味覚が大人になったのではなく、味覚が鈍感になってあれ?食べれる!となっていると聞きました。

                      苦手だったものが好きになるなら、鈍感万歳です)

                       

                      「春の便」では、オーガニックのエキストラヴァージンオイルに旬のふきのとう、鎌倉の無農薬レモンを加えた

                      「ふきのとうオイル」を作っていただきます。想像するだけでもたまらなくおいしそう!

                       

                      その他にはリラックスミントティを今回は缶入りで、そしてこだわりの苺のジャムと柑橘のマーマレード。

                      今週にはお店に届き、撮影とサイトの準備が出来次第のお届けになります。
                      ぜひ、楽しみにお待ちくださいませ。

                       

                       

                       


                      | 1/2PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << September 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM