CIANSUMI_2019AW

0

     

     

    CIANSUMIの新作が入荷しました!

     

    毎回好評のニットバングル、今年は新作のシングルタイプを3色ご用意しました。

     

    キャメル、イエロー、グレージュ。

     

     

    定番のダブルよりもすっきりと主張控えめ、ニットをたくしあげた時に見えるボリュームやバランスが絶妙です。

     

    もう一つの新作は、ネオングリーンのサテンバッグ!

     

    プラスティックのバッグも不思議な空気感をまとっていたけれど、このサテンのつるっとした質感と

    発光しているような存在感と、ひょろっと長い持ち手がチャーミングなバッグ。

     

     

     

     

     

     

    シルクオーガンジー、コットン、サテン、、、

    いつもの気分をちょっと変えてくれるスイッチのような存在。

     

     

    正統派なネイビーのコートに グレージュのバングルとラベンダーのシルクオーガンジーバッグ

    定番のトレンチやメンズライクなジャケットには バングルは控えめにキャメルでバッグはネオングリーン

    ざっくりとしたミックスニットにイエローのバンングル、、、

    バングルは同色の組み合わせもおすすめ(グレーのニットにグレージュバングル、ベージュのニットにキャメルバングル)

     

    お手持ちのアイテムとの組み合わせ、あれこれお楽しみいただけると嬉しいです!

     

     


    CIANSUMI_2019 SS

    0

       

      今回も真っ白な箱に一つ一つ薄紙に包まれてCIANSUMIのバッグとバングルが入荷しました!

       

      毎回、展示会に行くと

       

      「素敵!持ちたい、使いたい!」と思うものと

      「自分では手が出ないけど、これを選べる人って好き!」と思うものとに分かれる。

       

      今回は前者のアイテムがとても多く、色々なコーディネートが広がってとても楽しくオーダーしました。

       

      新作のLILYモチーフのカーキーのバッグ、二型。

       

      少しクラシックな雰囲気のドーム型の[lily dome pochette](写真:左)

      カジュアルな印象の[lily snack pochette](写真:右)

       

       

       

      ラリックのすりガラスのようなLILYのモチーフに合わせた色は

      白でもなく、黒でもなく、カーキー

       

       

      ビーサンやスニーカー、ヌーディーなベージュのフラットシューズ、キリッとした黒のマニッシュな靴にも。

       

      そして定番のバングル。定番の白(アイボリー)。

       

       

      バッグを見たときに 、

      コットンのアイボリーのバングルと、その留め具のガラス玉のようなクリアなボタン、

      プラスティックのカーキーの糸とその先についているすりガラスのようなLILYのモチーフの組み合わせが瞬時に浮かび、

       

      そっけないくらいの普段の洋服に合わせたいなあ、と思いました。

       

       

       

      毎回素材を変えてリリースされているPHONE CASE。

      日に焼けたような芳ばしいアンバーの糸にシルバーのスパングルが最高に素敵な組み合わせ!

       

       

      サラッとした一枚のカフタンドレスにサンダル、このポシェットをアクセサリーのように身につけて。

       

       

       

      そして、合わせてみたら最高な組み合わせだった、

       

      シルクオーガンジーのモーブカラーのトート、コットンナイロンのPHONE CASE、琥珀のバングル

      (前回のご紹介したシルクオーガンジーのトート、イエローやグリーン、ブルー、きっとどれも相性良さそう!)

       

      シーズンを超えて、アクセサリーの重ね付けのように楽しみたい。

       

       

       

       

      6/6 (木) AM9:00、カートオープン致します!お楽しみに。


      ハレ、もケも

      0

         

        先日、お客様が「結婚式の日に持ちたくて」と、

        ciansumi の silk organza toteをお求めいただきました。

         

        きっとシンプルな装いに控えめなサイズのバッグが映えるだろうな、、と

        お包みする時もとても嬉しい気持ちになりました。

         

         

        今、ご用意あるものはイエローとラヴェンダー

        (画像では少しピンクに写っているかもしれませんが、ライラックのようなモーヴがかった藤色。甘さを感じないニュアンスのある色です)

         

         

         

         

         

        入園、卒園、謝恩会、入学、卒業などセレモニーをカレンダーに書き込まれている方もいるかと思います。

         

        私は入園、卒園は同じ和装で、入学式も何も新調することなく手持ちの洋服で迎えました。

         

        何を着ようかな〜という余裕がなく準備に追われていたこともあったし、

        主役はあくまで子供なので自分の装いに気張るのも何だかね、と思っていたのが正直なところ。

         

        ネイビーのシルクブラウスに薄手のコート、黒のパンツに磨いた黒のレースアップシューズでした。

        コサージュなどで華やかさを添えるのも気恥ずかしくて、アクセサリーも指輪のみ、バッグも小さな黒いもの。

         

        でも、もしその時にこの控えめのシルクトートバッグがあったらな、と思いました。

         

        コサージュほど大袈裟じゃないけれど、明るさや春らしさが添えられて

        ハンカチとリップと携帯が程よく収まるサイズ。(和装にも合う気がします)

         

         

         

        そしてもちろん普段にも!

         

         

         

         

        ※画像は Instagram/@ciansumi さんより

         

         

        いつも母が器やアクセサリーなど、

        「いいもの、好きなものこそ特別な日だけじゃなくて毎日に使うのよ」みたいな事を事あるごとに話していた。

         

        普段にいつもそれがある事で気持ちが豊かになる事ってたくさんあると思うし、

        どんなものも、使ってこそ自分のものになる気がする。

         

        ハレ(特別な日)もケ(いつもの日常)も。

         

        追記:過去の入学準備の記事です、よろしければご参考まで→

         

         

         

         

         


        スミレとミモザ

        0

           

           

          このバッグを初めて目にしたのはちょうどミモザやチューリップ、

          スミレにスイトピー、ムスカリ、ヒヤシンス、アネモネにラナンキュラス、が咲き始める頃。

           

           

           

          春の光が透けるように柔らかで可憐な花弁みたいなシルクオーガンジーのミニバッグ。

          言葉を並べると甘く聞こえてしまうかもしれませんが、ciansumi はそうならないところが魅力の一つ。

           

           

           

           

           

          立春。

           

          春ももう直ぐ。

           

          ツイードのジャケットやウールのコート、カシミアのニット。

          冬の素材にシルクオーガンジーのバッグを合わせるだけで一気に気分が軽くなるような。

           

          そして季節を通して使いこむうちに、シルクのツヤが馴染んでくったりして

          ぺらっとしたビーサンやデニムにもネイルをした時のようなさりげないアクセントになってくれます。

          (私はペディキュアしかしないので手元に色味があると嬉しくなります)

           

           

           

           

          そうそう、大晦日の前日にボブからショートボブに髪を切りました。

          今までのアイテムが新鮮に見えてきたり少し組み合わせ方が変わってきたり。

           

          Something New.

          新しい年に何か新しいものを。

           

          今までに手にしたことのなかった色のものをプラスしてみるのも新鮮です。

           

           

           

           


          シルクの日常使い

          0

             

            ciansumiさんの秋冬の展示会に行ってきました。

             

            春夏に引き続き、シルクオーガンジートートの新色もお目見え

             

            新作を眼にすることはもちろん楽しいのだけれど、

            中村さん(ciansumiさん)ご自身が愛用されているオーガンジートートを見せていただいた時の「!」をお伝えしたい!

             

            手元に届いた時の真四角で佇まい良いトートももちろん可愛いのですが、

            使っていくほどに少し長方形になり、シルクも最初のテリみたいなものが和らぎ、しっとりとやわらかく、

            こなれていてとても素敵でした!(手洗いもできると聞いて、ますますシルクの日常使い、素敵だなと思いました)

             

            私もこの季節によく袖を通すシルクのブラウスがあるのですが、毎回クリーニングに出して「シルクです!」という感じで着るより、

            家で手洗いして、ノンアイロンで風で乾かした洗いざらしのシルクのブラウスが気に入っています。

            そして、スニーカーやこれからは素足にビーサン、秋口もメンズライクな革靴を合わせて着ます。

             

            若かりし頃、憧れに任せて買ったエルメスのスカーフも、あのテリとハリが自分には大げさに感じて思いきって洗濯をしました。

            何度も何度も洗濯をして、それでもやはりあの「エルメス感」が拭えなかった。

            エルメスなんてまだ早かった!とクローゼットにしまっていたけれど、時々、思い立ったように少しずつ水を通し、

            夏の冷房対策用にバッグにぐしゃっと忍ばせては使っていて、やっとほどよく落ち着いて肌に馴染んできたように思います。

             

            シルクに限らず、私は何でも日常使いをしたい。

            それは母が日々、言っていた、

            「特別な日のための「いいもの」じゃなくて、いつもの毎日にこそ「いいもの」を使ったらいいのよ」、みたいなこと。

             

            型崩れしちゃう、とかシルクだから、と特別扱いせず、

            日々のお出掛けに、日焼け止めクリームやリップなどを入れてプールや海遊び、公園に。

             

             

            今からどんどん使って育てていけば、秋冬になる頃には「自分のもの」になっているはず

             

             

            私は黄色のバッグをどんどん使って、秋冬のニットやトレンチ、

            ツイードのコートに合わせたい!

             

             

            ブルーもラヴェンダーも少し落ち着いた頃も素敵なはず。

            浴衣、着る機会が減ってしまったけれど、和の巾着じゃなくてこのバッグを合わせてみるのも素敵

             

             

            使うほどに愛着がわくもの

            その人に馴染んでいくもの

             

             

             

             

             


            Color!!

            0

               

              ciansumi

              シルクオーガンジーのミニトート

               

               

               

              何かと手に取ってしまう色、ブルー

              エコバッグとの相性も◎

               

               

              グレーやベージュなどの中性的なコーディネートにしっくりくるグリーン

               

               

              デニムにビーサン、ベーシックなコーディネートを明るくしてくれるイエロー

              イエローはとにかく気分が上がります⤴︎

               

               

               

              モノトーンの装いにラヴェンダー

              メンズライクな革靴と合わせると甘さが抜けてシックな感じ

               

               

               

               

              どの色も持つ人の日々や気分を明るくしてくれるような色ばかり

               

              どの色にしようかな、、と楽しんでいただけると嬉しいです

               

              -----6/4〜6/10 Free Delivery days-----

              期間中は、12.000円以上(税込)のお買い物のお客様への送料をサービスさせていただきます。

              (代引きの場合は代引き手数料のみ頂戴いたします)

              システム上、ご注文時とそのあとに自動配信されるメールには送料が加算されていますが、

              金額等確認後、送料をサービスしたメールが届きますのでご安心ください。


              CIANSUMI_2018SS

              0

                 

                今シーズンは色に溢れていたCIANSUMIのsmall show

                 

                カラフルなシルクオーガンジーのトート、

                チープ(いい意味で)なカラービーズがちりばめられたバッグ、

                かと思いきやスワロフスキーを配したものもあったり、で「色」って愉しい!と思った時間でした

                 

                16cm×16cmの小さなバッグは、手元や足元のネイルを選ぶような感覚で

                少し思い切ってもいいようなバランスとサイズ。

                (ネイル、私はもっぱら足のみ。

                すりガラスみたいに見える透け感の寒色系やヌーディーだけどメタリックなカラーが最近の気分です)

                 

                knotではシルクオーガンジーのトート8色から

                グリーン、ラベンダー、イエロー、ブルーの4色を選びました

                 

                 

                 

                 

                ラベンダーとブルーは比較的どんな洋服にもあわせやすそうなカラー

                 

                ラベンダーは4色の中でも一番繊細でやわらかな印象、

                ブルーはデニムを手に取るようにいつでも手が伸びそう。

                 

                 

                 

                足元や手元のネイルにはポイントをおかずにバッグの色を楽しみたいグリーンとイエロー

                 

                いつものシンプルなシャツにパンツもバッグの色を変えるだけで気分が明るくなるような、、

                展示会ではに二つ持ちを鏡で楽しまれていらっしゃる方も。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                16cm×16cm のサイズは長財布のサイズにもよりますが、私のお財布は少し出てしまいます

                 

                素材の特性として荷物の重さや形によっては縦に伸びるので、使っていくほどにサイズも多少変化していきます

                (シルクオーガンジーの生地を編んでいます)

                 

                私は、バッグとお財布の関係は、洋服と下着のような関係で、

                襟元から見える見えない、ラインが出る出ないを考えて下着を選ぶように

                バッグの形を考えてお財布も考えるようになりました。

                 

                (実際は、こちらのトートだけで出かけるような気軽さがなかなかないので、エコバッグは必須、、

                お財布はそちらに入れることが多いです!)

                 

                もちろん、いつものお財布をそのままラフにポンと入れるもよし、

                ミニウォレットに替えてバッグの軽快さを楽しむもよし

                 

                洋服では手にしないような「色」を ぜひ、楽しんでみてください!

                CIANSUMI→⬜︎⬜︎⬜︎⬜︎

                 

                 


                CIANSUMI 2017AW

                0

                   

                   

                  あの夏の暑い日に伺った展示会で「!!!!」となった、CIANSUMIの新作のバッグが届きました

                   

                  本当にこの瞬間が大好き!(これは自分の買い物とは違った、ちょっと感動に近い感覚です)

                   

                  大きな箱で届いたのだけれど、(いつも梱包も美しく、私も大切にお届けしようと思います)

                  重くないのは空気のように軽い空気のようなバッグだから

                   

                  プラスティック素材は今季で3度目でしょうか

                  夏のホワイト・アイボリーに続く秋冬カラーはブラック

                   

                  少し張りがあって、でもしなやかで、無機質な感じがとても不思議、そしてとてもシック!

                  多分、第一声に「シックですね」って言ったような気がします

                   

                  シック、って上質だったりクラシックだったり、だけじゃないんだなって思った

                   

                  ブラック・ネイビー、グレーのウールのコート

                  ツイードのジャケット、モヘアやカシミヤ・ウールのニット、、

                   

                  冬の素材の洋服が次々に頭の中でコーディネートされて早く持ちたくなりました!

                   

                  (もちろんオールシーズンお持ちいただけますが、気分として面白いのは秋冬でしょうか)

                   

                   

                  …冬の素材にプラスティックの空気のようなバッグ

                  この異素材の面白さや、一癖ある感じがciansumiの魅力のような気がします

                   

                  あまりにもどちらも素敵で、鏡で二つ重ねて持ったらその感じもありかも!と思ってしまったほど

                  (TWINSみたい)

                   

                   

                  デザインは二型、"tongue"と"nut" (ネーミングも言い得て妙!)

                   

                  "tongue"はワンショルダーでバケツ型

                  コートでも十分肩にかけていただける長さ

                   

                   

                   

                  "nut"はオーバル型の巾着

                  少し長めなので、短めに結んでコンパクトに持っていただいても

                   

                   

                   

                  持ち手はリリアン編み

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  雨が続く週末ですが、ゆっくりと冬の装いにイメージしていただけたらと思います→

                   

                  ーーーーー

                  毎シーズン、お問い合わせをいただきますが、

                  再入荷はなく、完売後のオーダー等はお受付できませんこと、ご了承くださいませ。

                   

                   

                   


                  CIANSUMI small show

                  0

                     

                    今回も秋冬の展示会に行ってきました!

                     

                    ciansumsmall show
                    'nervous bear'
                    7/14fri 12:00-19:00 7/15sat 15:00-21:30 7/16sun 12:00-19:00
                    @ ( PLACE ) by method 渋谷区東1-3-1 カミニート2F

                     

                    新しいアイテムを見て、今季もとても好きなものがありました!

                     

                    そして、

                     

                    あの時の

                    あのバッグ、可愛かったな

                     

                    あの形、

                    あの色、好きだったな、、、

                     

                    と思う事が多い、CIANSUMIの創り出すもの。

                     

                    今季のこちらもやっぱり素敵なのです!

                     

                     

                    夏の白はもちろん、

                    冬も見据えて、冬に白を持ちたい方に。

                     

                    秋冬は白のアイテムはオーダーしないので、白好きな方は是非。→⬜︎

                     

                    追記:展示会で毎回、商品の話はもちろん、在り方、みたいな話を中村さんとするのですが、

                    中村さんも私も、

                    いろんな意味で多くを望んでなくて、

                    届く人に届けば嬉しいね、って。

                     

                    わーー、って拡声器で声高に何かを伝えたいわけでなくて、

                    ひっそり、気にかけてくれている方が

                    時々見に来てくださって、

                    自分の喜びのために物を見て、感じてくれたらいいね、みたいな話を。

                     

                    CIANSUMIの実用性重視じゃなくて、でもそんなのいいじゃん、っていう自由さや開放感に私はきっと憧れているのだと思う。

                     

                     


                    Once in the lifetime chance

                    0

                       

                      今季のCIANSUMIのコレクションは、どれも繊細で、

                      この季節に花屋さんで良く見かける、大好きなスモークツリーのような浮遊感。

                       

                       

                       

                       

                      ニットバングルCAMELのお問い合わせを多く頂戴しています。

                       

                      CIANSUMIのニットバングルは毎年白と黒の定番に加えて、シーズンカラーが出ます。

                      今季のCAMELがそうです。

                       

                      店舗やイベントのみの別注カラーやアイテムもあります。

                       

                      なので、あの時のあの色を予約できますか?とか

                      あの時のあの形のバッグを色違いで作ってもらえますか?というお問い合わせも頂きます。

                       

                      叶う時もあれば叶わないこともあります。

                      叶うことは、あまりないかもしれない。

                       

                      私はCIANSUMIというブランドが、その時のそれを作る気分にとても正直だからだと思うのです。

                      人の手が作る、ということはそういうことなのかもしれない。

                       

                      タイトルの Once in the lifetime chance は、一期一会。

                      そういう希少性が魅力かもしれません。

                       

                      CIANSUMIがそのシーズンの気分と思いで作ったものと、

                      その時のそれを、身に付けたい、持ってみたいと思う気持ち、

                      その二つがふっと重なったその時を大切に繋がせていただけたらと思っています。

                       

                      そして、もし、でもやっぱりとても気になる、、というお気持ちがあれば

                      そのお気持ちもお聞かせください。

                       

                      そのお声をCIASUMIさんにお届けすることは、私のもう一つの役割だと思っています。

                       

                      こちらのプラスティックトートも数点です。

                      重いものをたくさん入れていただくバッグではないけれど、

                       

                      長財布と手帳、文庫、ポーチなどを入れて。

                      プラス、エコバッグを入れていただければ帰りに荷物が増えても大丈夫。

                       

                      真っ白のスクエアのプラスティック。

                      このバッグが今の気持ち、である方へ。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      | 1/2PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << November 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM