new one!!

0

     

    4月、新学期。

    何か、新しいもので新しい気分を取り入れたくなる季節です。

     

    ONLINEで洋服を販売することの難しさを感じて、バッグのご提案が増えました。

     

    もともと、「バッグ」というアイテムが好きなこともあります。

     

    大きさ、素材、色、持ち手の長さなど。

    洋服はいつもと同じでも合わせるバッグで気分も印象も変わります。

     

    今回、ご紹介するPOETIC PASTEL のコットントート

    昨年 Johonna Tagada の個展を NIDI GALLERY で拝見して以来、少しメールでお話をしました。

    とてもフレンドリーで可愛らしく愛に溢れた文章。

    私は彼女の活動を少しでも多くの方に伝えられたらと思い、それはこのなんとも優しい気持ちになれるデザインのバッグを

    お届けする、という形になりました。

     

    ピンクベージュにパステルイエローの文字。

     

     

     

    前回のしっかりとしたトートとはまた違う表情で、やわらかなコットンでゆるっとした感じ。

     

     

    ciansumi のシルクオーガンジートートに合わせて持つのも気分です。

     

    これから迎えるゴールデンウィーク、外で過ごすのには最高に気持ちの良い季節です。

     

    足取りも軽くなりそうなコットントート

    カジュアルでリラックスした装いにこそしっくりとくるシルクバッグ

     

    これからの季節、新しいバッグでより楽しくなりそうです。

     

    そして、、

    「新しい」と言えば、息子が少年野球に入団しました。

     

    スポーツ少年にはなりそうもないな、とぼんやり思っていたのですが

    そういう想像や予感を面白く翻してくれて、慌しくも新しい生活が始まりました。

     

    週末の慌ただしさったら、もう笑ってしまうしかない感じ。

    でも、こうして親の予想や薄っぺらな理想なんてどんどん塗り替えていってほしい。

    君が楽しいのが一番。

    いつも私を親にしてくれるのは息子なんだ、と寝顔に感謝している毎日です。

     

     


    PB0110

    0

       

      「こういう出会いがあるからknotをしているのかも!」と心が踊る瞬間があって、

      自分で自分のために欲しいものを買って完結するのではない、別の喜びがあるみたい。

      今回ご紹介する [PB0110] 

      色々なセレクトショップで革小物やバッグを目にする機会が何度かありました。

       

      ミニマムな雰囲気とモダンな佇まいのレザーバッグが数シーズンリリースされていて、その様子を追っていました。

      そしてこの AB58.2 のシリーズを目にした時「 これ!!!」とオーダーをすることを決意!
      写真を転写したシルクとそれを縁取る美しいレザーの組み合わせのバッグ [AB58.2]

       

      荷物を入れることで平面で表現された写真はその意味を失い、新しい表情を見せます。
       

      [Dancing]

      海のブルーと白い砂浜、少女の裸足とそれを縁取るヌードピンクのレザー。

       

       

       



       

      その日の洋服によってブルーの面を見せたり、裸足の面を見せたり表情は異なります。







      シンプルな装いにこそ。
      ピンク、ブルー、、洋服では手にしない色もバッグなら気軽に手に入れられそう。


       

      [Show off]

      黒い立髪の美しい馬の横顔とオレンジの手綱、それを縁取るのは黒のレザー。



      3型の中で色数も少なくシック。

      「馬」のモチーフやシルエットはそれだけでとても美しくて魅かれます。

       


       

       

      モノトーンやワントーンのコーディネートに。

       

      [Lunch Break]

       

      バーレーンのマーケットの昼下がりの風景。

      休憩中、お店を無造作に布が覆う風景は緩やかな時間を感じられます。

       

      縁取るレザーはブラウン。

       

       

       

      モーヴ、トープ、グレージュ、ブラウン、ブルー、、、
      写真には乾いた様々な色が写っている。

       

       



      [AB58.2]はワンショルダーのスマートさと、肩にかけた時のバランスの良さ、
      そして内側にレザーストラップでインナーポケットが付いているので、すぐに出し入れしたい携帯電話やリップ、カードケースなどが迷子にならない、など

      バッグとしても優秀な造り。

       





      ストラップには控えめにPB0110のアイコン、( ) の刻印



      バッグは全て限定100枚。(すでに本国では完売のモデルも)


      それぞれにレザーのタグとlimited edition ナンバーの記載されたポストカードもご一緒にお届けいたします。






      シルクを纏うような手触りと軽やかさ。





      「共に素晴らしい時間を過ごしてもらえますように。_ Philipp Bree」

      作り手の精神を細部まで感じられる、タイムレスでモダンなバッグ PB0110/AB58.2 

      このバッグに出会えたことと、お届けできることがとても嬉しいです!




       


      BONTON _HIVER 2018

      0

         

        子供の服を選ぶ時によく考えることはいろいろな「バランス」

         

        成長のペースも早いし汚れのバリエーションも増えてきました(書道や工作、雨上がりのドッチボールなどなど)

        気持ちよく洗えてなるべく自然の素材のもの

         

        あまりおしゃれ感が強いものは苦手だし照れくさく、息子本人にもあまり似合ってる感じがしない

         

        小学生になってからはもっぱら無印みたいなさっぱりした服が多く、

        それにプラスアウトドアもの

         

        それでもどこかもうすこし楽しみたい気持ちもあって覗くのがBONTON(代官山の旗艦店がなくなってしまって残念)

        子供らしいカジュアルさと色使いが好き

         

        中でも小物は優秀で、しっかりとした素材、シックなカラー、

        カジュアルさとどこかスポーティーな要素もあって子供がいる毎日のシーンに活躍します

         

        定番のキャンパスビッグトート

        毎シーズン新色がでるのですが、春夏のパステルはあまりピンとこなかったのだけれどこちらのマスタードはとってもいい色!

         

        シーズンレスでお持ちいただけて、汚れも気になりにくく(汚れたら気持ちよく洗えます)

        冬のダークな色味にもドキッとするようなポイントにはならずネイビー、グレー、ブラウンに馴染むマスタードカラー

         

         

         

        アウターを着ても肩掛けもできるサイズ感です

         

        そして「!!!」と思った新作の3色、3サイズ展開のナイロンポーチ!

        これもどれも良いカラー(赤、ピンク、ライトピンクの展開もありましたが私は断然こちら!)

         

        日常使いにはもちろん、アウトドアやレジャーにも活躍しそう

         

         

         

         

         

         

         

        おやつを入れたり、旅行時には着替えを入れたりバッグの細々とした収納など多くのシーンで活躍しそう!

         

        息子が小1の時に自ら選んだ愛用のKarrimorのバッグ

         

        公園遊びにリュックは大きいし、でも水筒は持たせたいし、、

        に応えてくれる大活躍なアイテムです!

        ヒョイと斜め掛けにして家を飛び出す姿ももう3年目

         

         

         


        アウトドアブランドの自然に馴染むカラーが好きなのですが今期のBONTONはどれもそのテイストにマッチします

         

         

        お次はBONTONのオリジナルファブリックのフラワーモチーフのキルティングポーチ

        どこかノスタルジックな雰囲気もあり、毎年何かしらのアイテムが新色で発表されます

         

         

         

        小さめのバッグの時のお財布代わりやカードケース、

        旅行時のアクセサリーの収納や、キャンディーポーチ、

        リップクリームなどを入れたりと手のひらに収まる程よいサイズは活躍頻度が高そう!

         

         

         

         

         

         

         

        そして冬小物には欠かせないボンネット

        これは想像以上の可愛さで、シックなグレーにウールのフラワーモチーフの刺繍が控えめに施されています

         

        私の祖母が編み物の先生で手編みのセーターやベスト、いろいろなあたたかなニット小物がいつもそばにありました

         

        あたたかな記憶と重なって、思わずセレクトしたアイテム

        サイズはキッズサイズの中でも一番大きなものを選んでいますので10歳ごろまでは長く長く愛用していただけます

         

         

         

        そして、最後はこちら

        タワーエッフィルのスノードームキーホルダー

         

        息子が生まれてしばらくは毎年スノードームをプレゼントしていたくらいスノードームをみると気持ちが小躍りしてしまうのですが

        (ここ数年は好みのものが見つからずお休み中)

        ミニチュアのキーホルダーを見つけました!

         

         

         

         

        キーホルダーにしたらいつも手のひらに粉雪があるのって素敵だし

        バッグやポーチなどにつけても可愛い

         

         

         

        どれも手元に届いた時に気持ちが嬉しくなるものばかりです。

         

        クリスマスの気配も感じ始めてきました。

        ギフトラッピングもサービスでお承りしております!

         

        ✴︎BONTON商品を含む1万円以上お買い上げのお客様にBONTONオリジナルエコバッグを先着でご一緒にお届けいたします。
        ノベルティには数に限りがございますことご了承くださいませ。
        BONTONはこちらから→⭐︎

        accessories-2

        0

           

          9月

          Septem-ber 

          berが付く月になると、ここから12月までは一気に駆け足になる

          (Octo-ber Novem-ber Decem-ber...

           

          八月の終わりにご紹介したアクセサリー、お品切れしていたフープピアスの再入荷と同時に

          新色のWhite Petal、Amber(琥珀)の Blockピアスとバングル(二本セット)が入荷しました

           

           

          White Petal(白い花びら)は乳白色とクリアの部分がミックスされています

           

           

          手前の一番大きなものから、

          Large Hoop_Lucite

          Mini Hoops_White Petal

          Mini Hoops_Taupe Shell

          Mini Hoops_Classic Tortoise

           

          アクセサリーは強い主張のものよりも肌馴染みが良かったり、そっと印象を添えるようなものを選びました

           

           

          新作のAmberからはブロックピアスとバングルを

           

          シャツやリブニットの時には一本でさりげなく

          ボリュームのあるニットやアウターの頃には二連でボリュームを添えるなど

          全体のバランスで楽しまれてください

           

          そんな時には耳元は小さめで凛としたブロックピアス

           

          サークルモチーフのヘアクリップテールカフはあとわずかになりました

           

           

           

          秋はもうはじまっています

           

          アクセサリーはこちらよりご覧下さい


          accessories

          0

             

            急に秋になってしまったかと思ったら、夏の暑さが戻ってきたり翻弄される残暑の日々

            夏休みも残りわずかです

             

            30度を超える暑い日も、空気は秋の匂いを含んでいて

            まだニットやコートなんて試着する気分にはならないものの、そのムードをどこか心待ちにワクワクしたりしています

             

            秋冬のイメージを集め、それにフィットするものを探します

             

            数年前の CELINE のイメージビジュアル

            (フィービー・ファイロの手がける CELINE が好きでした、、退任がとても残念)

             

            モダンで知的で憧れそのものだった

             

             

             

             

            サークルモチーフのヘアクリップ

            このイメージビジュアル後、あちらこちらで見掛けるようになりました

             

             

             

            3?年ほど前にバッサリとボブヘアにしてからなかなか伸ばせず、、、

            こんなミニマムなまとめ髪は今後できる気がしないけれど素敵!

             

             

             

             

             

             

             

             

            丸い形のものが好きなことは薄々お気づきかもしれませんが、、、

            シンプルで完結されていて普遍的

             

             

            こんなモダンな横顔もイメージソースの一つ

             

            これからの季節の気分はゴールドやシルバーではなく、樹脂のもの

            日本人の髪の色や特質にも相性が良い◎

             

             

            時折、ヴィンテージショップやアンティークマーケットでレジン(樹脂)のアクセサリーを手に取る事があります

             

            イタリアやフランスのもの、日本のものではセルロイドのもの

            ノスタルジックであり、重さのストレスがないその軽快さも魅力

             

             

            昔パリで購入したものやヴィンテージショップで見つけた一点ものもご用意しました

             

            リップやアイメイクなど少しずつ秋の気配にしたくなるころ

            アクセサリーも一緒にイメージしていただければと思います

             

            テールカフで無造作にひとまとめにすると冬のニットにもバランスがいい

             

             

            アクセサリーはこちらから→

             

             

             

             


            a little treasure

            0

               

              少しずつ秋の気配、大好きな季節です

               

              秋冬のアイテムは色もシックでおしゃれも一段と楽しくなります

               

              今日は、ちいさな女の子の、小さく芽生えたおしゃれ心にぴったりの

              ちいさなアクセサリーをいくつかご紹介

               

               

              一つ目はPARIS Merciのリバティのコードのアクセサリー

              Merciのメダリオンは毎シーズン、メダルのモチーフや形、コードが変わるのですが

              このシーズンのリバティはとても大好きで、たくさんお店用にご用意していました

               

              リバティーを裂いてコードにしたこちらは、

              ショップスタッフがぐるぐると手首に巻いていたのがとてもラフで素敵でしたが、

               

              ちいさな女の子がニットなどに合わせてネックレスにしたり

              (ちいさな鈴が付いていて動くたびに可愛い音もします)

              結わえた髪に結ぶのも可愛いかもしれません

               

               

              カラーはこちらのピンクとパープル×ブルーの配色のもの

              どちらも秋のベージュやブラウン、カーキなどに合わせて

               

               

               

              よりシックなシルバーのスクエアプレートのコードブレスレットは手をつなぐお母さんに

              merci-merci と刻まれたプレートは贈り物にも

               

               

              コードはグレーとトープ(ベージュ)の2色です

               

              こちらは、Sophia203のブローチ

               

               

              コレクションのどれもが「子ども用」ではなく「ちいさなレディ用」として創られていて、

              その手仕事の美しさはかつて少女だった大人の方にも。

               

               

               

              ネイビーやグレーなどのフランネルやウールの生地のワンピースやコートの襟元に、

              黒いニットに隠れるように着けてみたり、

               

              ボトムスはデニムなどのパンツスタイルだけれど、襟元にちいさな可愛らしさがあるのって

              とてもチャーミングだと思います(私は男児母なので、こういうちいさな女の子の装いを妄想するのがとても楽しい!)

               

               

              もう一つ、動物のモチーフのアクササリーのCoral &Tusk

               

              刺繍がとても繊細で、動物が好きなちいさな男の子がつけてもきっととてもかわいい

               

               

              最後はこちらのAudrey Jeanneのウッドプレートのブローチ

               

              こちらは以前購入してくださったお客様に偶然お会いした時、

              娘さんがウールのコートに着けていて、とっても可愛くて!

               

               

               

               

               

              私も小さかった頃、、、

               

              綺麗なお菓子の空き箱に、ピンや(忘れもしない)ちいさなスミレのブローチや

              お友達にもらったキラキラしたシールなどを入れて大切にしまっていた

               

               

              そんな風に、ちいさな女の子のちいさな宝物になれたら、と思い選びました。

               

              *セールのお品もギフトラッピングに対応しています。

              ご希望の方はギフト設定の項目でラッピングをご選択ください

               

               


              white,white,white!

              0

                 

                 

                洋服よりも

                靴やバッグで白を取り入れることが多い。

                 

                いつも会うときに白いシャツを着ている友人がいて、

                とってもいいなあと思うのですが

                白があまり似合わない、しっくりこないので仕方ありません。

                 

                 

                 

                 

                ほんの少しでもどこかに白があると

                自分の中ではすっと落ち着きます。

                 

                 

                 

                気がついたら白いバッグが幾つか。

                 

                今季のCIANSUMI

                夏はもちろん、冬にグローブやストールなどの小物をふっといれるのにもとても素敵。

                 

                プラスティクの白は濁りがなくて、

                ナチュラルなコットンや麻のネットバッグにはないミニマムな佇まい。

                 

                 

                LOTFIの白は細畝コーディロイ。

                チョークの白をイメージする、パウダーっぽさが雰囲気があってとても好き。

                 

                 

                 

                 

                洋服ほど汚れを気にせず、

                白のクリーンさが取り入れられます。

                 

                 

                 

                 

                そして、これから迎える夏のインテリアに。JULLIAN MATTERのWISH BOAT

                 

                 

                 

                 

                KIDS のカテゴリーより、KIDS ON ROOF の真っ白な馬のオブジェ。

                綺麗な水彩で彩ってみるのも夏の家遊びに楽しそう。

                 

                 

                 

                 

                 

                 


                black in summer

                0

                   

                  立夏=beginning of summer

                  夏の気配を感じる季節になりました。

                   

                  夏の黒。

                   

                  髪の色が黒いので、この雰囲気は出せないけれど

                  無造作で素敵。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  以前、お取り扱いをしていた LE VESTIAIRE DE JEANNE の黒のリネンシャツがきっかけで

                  夏の黒がとても好きになりました。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  洋服が軽くなる頃、少し正すように黒の革靴を合わせたり。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  makie のワンピースが気持ちよい季節です。

                  この時も革靴を合わせて。ワンピースにはメンズライクな小物を。

                   

                   

                   

                   

                  日に焼けた肌に合わせる黒。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  ナチュラルになりすぎないように、黒のライン・ロープがとても気に入っているlotfiのバッグ。

                   

                   

                   

                   

                   


                  かわらないもの

                  0

                     

                     

                    先日、代官山の MAKIE を覗きました。

                    いつもとても心地よい空間で、スタッフの方も変わらず凛とした佇まい。

                     

                    その日もスタッフのお一人が定番のNORMA COATをユニフォームのようにロングスカートにボタンを開けて羽織っていました。

                    少し腕をまくって。

                     

                     

                     

                     

                     

                    ストン、としたシルエットはデニムにもスカートにもバランス良く、デイリーにはもちろん

                    これからの入園、卒園、入学シーンなどの少しあらたまった場でのアウターとしても活躍します。

                     

                     

                     

                     

                    少しシワ感のあるコットンなので旅先での一枚にも重宝します。

                     

                    …息子が卒園、入学してからもう1年になるのだな、と思います。

                    入学式は花冷えの1日でした。

                    広くて寒い体育館でキョロキョロソワソワしている子が多い中、

                    ずっと前を見て座っている小さな背中を後ろからずっと見守っていた。

                     

                    卒園も入学も、子供が主役なので私は本当に飾り気のない服装でした。

                     

                    中にはコサージュをつけられたりパッと華やかで可憐なお母様もいて、わあ、と思ったのですが

                    私は何も新調せず、ケアをした靴とバッグ、昔から着ている少しあらたまった時用のシルクのブラウスにウールのパンツ、

                    MAKIEのNORMA COATで出席しました。

                     

                    コートは、シルエットがゆったりになったり細身になったり、袖がラグランになったりなど

                    シーズンの流行を反映しやすいもの。

                     

                    MAKIEのNORMA COATは、ブランドスタート当初からずっと変わらずお店に並んでいます。

                     

                    先日、関東地方で春一番が観測されました。

                    重いコートは2月いっぱいでしょうか。

                     

                    MAKIEのNORMA COAT、30%OFFでご用意しています。→

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     


                    Preparations of the autumn

                    0

                       

                       

                      まだ、ニットには手が伸びないものの半袖一枚では心もとないような時も。

                      これからの季節に活躍する4つのアイテムをご紹介します。

                       

                       

                      makie のコットン100%の ショップコートは、これからの季節にぴったり。

                       

                      ショップコートはスタッフのユニフォームのようなイメージで、展示会でもショップでも

                      それぞれに着こなしていらっしゃる姿がとても印象的でした。

                       

                       

                      シャツのようにジャストサイズで着たり、少し大きめで袖をロールアップして着ていたり。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      トレンチほどコート感がなく、気楽に羽織れる一枚です。

                       

                      アウターは生地や仕立て、シルエットの良さが前面に出るアイテムですが、

                      そこの主張は控えめでカジュアルでもあり、でもやはりどこか背筋の伸びる感じ。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      (S/Mサイズ着用):インナーにシャツやカットソー、ニットなども着ていただけます。シャツを羽織るような軽やかさです。シルエットはすっきり。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      (M/Lサイズ着用):スエットや厚みのあるニットを重ねても。袖をロールアップして、少しメンズライクな印象で。

                       

                       

                       

                      YURI PARK のウールカシミアのニットはホームケアしていただけます。(ホームケアなどの記事はこちらに→YURI PARK。)

                       

                      昨年、とても活躍した一枚です。

                      とても暖かく、ネックラインも詰まりすぎず、抜けすぎず。

                      素材のミックス感がニットの表情をより暖かくしてくれています。

                       

                       

                       

                       

                       

                      こちらはYURI PARKの artigiano ラインより。カシミア100%のマフラーです。

                      ぐるぐる巻きのストールはボリューム感が出すぎてしまうので、このコンパクトさでニット一枚分の暖かさを感じられるマフラーはとても重宝します。

                       

                       

                       

                      こちらにご紹介したものは昨年入荷したものなので、それぞれプライスダウンしていますが、

                      どれもが今年も変わらずショップに並ぶスタンダードなアイテムです。

                       

                       

                      この機会をご利用いただければと思います。

                       

                       

                       


                      | 1/6PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << April 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM